【JR西日本】多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)特別展示

鉄道の安全を支えるロボット

 

▲多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)▲多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)

人型ロボットと鉄道工事車両を融合させた「多機能鉄道重機」(零式人機ver.2.0)を特別展示します。また、特別展示にあわせて、関連イベントも開催します。
  • 多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)特別展示

【展示期間】
2022年9月19日(月・祝)~10月2日(日)

【展示場所】
本館1F 「車両のしくみ/車両工場」エリア

【展 示 物】
多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)

多機能鉄道重機とは・・・
株式会社人機一体、日本信号株式会社と共同で開発している鉄道の電気設備作業を行う人型重機ロボット(零式人機ver.2.0)と鉄道工事用車両を融合させた新たな重機。これまで人の手を要していた作業を機械化することで、生産性と安全性の向上を目指す。
 
  • デモンストレーション
多機能鉄道重機の実際の動作を間近でご覧いただけます。

【開 催 日】
9月19日(月・祝)、23日(金・祝)~25日(日)
10月1日(土)・2日(日)

【開催時刻】
①11:00 ②13:00 ③14:30
④15:30
※各回所要時間約15分

【開催場所】
本館1F 「車両のしくみ/車両工場」エリア
 
  • 講演会の開催
開発の経緯や多機能鉄道重機に実装している技術についてご紹介します。

【開 催 日】
9月24日(土)

【講  師】
金岡博士(かなおかはかせ:株式会社人機一体 代表取締役社長 兼 立命館大学 総合科学技術研究機構 ロボティクス研究センター 客員教授)
木村 秀夫(きむら ひでお:西日本旅客鉄道株式会社 鉄道本部 電気部電気技術室 室長)

【テ ー マ】
「多機能鉄道重機の開発の経緯;鉄道用重機は人型ロボットであるべきか?」

【開催時刻】
14:00 ※所要時間約60分

【開催場所】
本館3F ホール

【参加方法】
開催時刻の15分前より開催会場にお入りいただけます。

【定  員】
約40名
※定員に達し次第、受付を締め切ります。

※その他詳細は当社ホームページ(https://www.westjr.co.jp/)をご参照ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR西日本 >
  3. 【JR西日本】多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)特別展示