ショーメ Majestic Wedding ロマノフ家のウェディングにショーメのティアラ

ロマノフ家の後継者であるジョージ・ミハイロヴィッチ大公の結婚式において新婦レベッカ・ヴィクトリア・ロマノヴナ・ベッタリーニがショーメのティアラを着用

2021年10月1日、サンクトペテルブルクのサン・イサク大聖堂で行われた、ロマノフ家の後継者であるジョージ・ミハイロヴィッチ大公との結婚式で、新婦レベッカ・ヴィクトリア・ロマノヴナ・ベッタリーニがショーメのハイジュエリーの中でも特別な作品である「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」コレクション“ラシ”のティアラを着用しました。

「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」コレクション“ラシ”のティアラ「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」コレクション“ラシ”のティアラ

伝統的なロシアのヘッドピース、ココシュニックのフォルムをモダンにアレンジしたショーメの最新作“ラシ”ティアラは、風に吹かれた帆のボリューム感をイメージ。これは、ロマノフ家の嫡男であるジョージ・ミハイロヴィッチ大公が勤務するサンクトペテルブルクの港湾拠点へのオマージュです。このハイジュエリーには、卓越したクオリティを誇る2つのダイヤモンド<D VVS1のオーバルダイヤモンド(5.02カラット)、D VVS2のペアシェイプダイヤモンド(2.21カラット)>さらに、438個のパヴェダイヤモンド(合計27.03カラット)をあしらっています。ここでは、ダイヤモンドをフィル クトーと呼ばれるホワイトゴールドのメッシュにセッティングするというメゾンの代表的な技を用い、石の輝きを最大化させつつ金属が見えなくなるような視覚効果を生み出しています。

ショーメとロシア

ジョゼフィーヌ皇后やナポレオン一世の公式ジュエラーであったショーメは、王家の至宝であるティアラの分野で卓越した存在であり、歴史上の顧客にはロマノフ家一族の人々が名を連ねていました。ジョージ・ミハイロビッチ大公の曾祖母であるウラジーミル大公夫人は、ショーメの上顧客の一人でした。1911年に製作されたウォーターフォール(海のモチーフ)のティアラや、1914年にニコライ2世の姪であるイリーナ・ユスポヴァ王女の結婚式のために製作されたサンバースト(太陽のモチーフ)のティアラは、ショーメの代表的な作品です。ロマノフ家後裔の結婚式でショーメの“ラシ”ティアラが身に着けられたことで、メゾンとロシアの物語に新たな1ページが刻まれました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 >
  3. ショーメ Majestic Wedding ロマノフ家のウェディングにショーメのティアラ