規格型平屋注文住宅IKIのモデルハウスでロボット接客を開始

~ニューノーマル時代の顧客と住宅営業との新しいコミュニケーションの形~

ケイアイスター不動産株式会社のグループ会社Casa robotics株式会社は、埼玉県熊谷市のモデルハウスにて、遠隔操作ロボットを使った接客を開始します。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が続くなか、直接対面することなく安心してご見学いただける環境をご用意いたしました。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下 「当社」と言う。)のグループ会社Casa robotics株式会社(カーザロボティクス、本社/群馬県高崎市、代表取締役/細谷 竜一、以下 「カーザロボティクス」と言う。)は、埼玉県熊谷市のモデルハウスにて、遠隔操作ロボットを使った接客を開始します。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が続くなか、直接対面することなく安心してご見学いただける環境をご用意いたしました。

 

 

最大で約半数のお客様が無人内覧を希望

 カーザロボティクスでは関東に9ヵ所あるモデルハウスすべてで、既にビデオ接客システムによる無人内覧を導入しています。毎月の自社サイトを通じた内覧申込みのうち、最大で約半数は担当者が立ち会わない無人内覧を選ばれております。この背景には、ご家族だけでゆっくりと見学したいというご要望や、新型コロナ以後のニューノーマル時代における直接対面のリスクを避けたいというご要望があると考えられます。
 既存のシステムは画面越しに担当者がコミュニケーションをとり、お客様のご質問に答えたり仕様や設備のご案内を行っていますが、場所は通信の可能な建物内の数カ所に限られていたのが現状でした。そこで、階段のない平屋というメリットも活かし、お客様とともに室内空間を移動し、目線や動きを共にしながら対話できる遠隔操作ロボットの導入を検討を開始し、2021年5月より埼玉県熊谷市のモデルハウス「ひら家がミレルン!熊谷展示場」に正式に導入し、ロボット(マスコットネーム「ミレルン」)を通じたお客様対応を開始しました。
 従来のシステムでも、非接触による感染リスクの回避や、移動等のコストダウンなどのメリットがありましたが、遠隔操作ロボット導入よって下記の効果が期待できます。

1.非接触ながら、ふれあいを感じられるコミュニケーション
2.屋内を移動し、現物を見ながらの商品説明
3.来場者の興味のある場所の確認

 動きのあるロボット接客によって、無人でありながら、案内できる範囲が広がり、インプットできる情報が有人接客に近しくなります。さらに、ロボットを遠隔操作するオペレーターは、親しみを感じられる独特のフォルムのロボットになりきってお客様をご案内します。これにより、お客様は生身の営業担当に感じる緊張感を覚えることなく、ゆっくりと、自分のペースで内覧をしつつ、ロボットを通じて気軽にコミュニケーションをしながら、住宅についての情報を得ることが可能になります。

 

 

■ 営業職経験者に多様な働き方を

ロボットを通じた接客を担当するのは、育児休業から復帰し、時短勤務中の当社社員です。彼女は住宅営業の経験が豊富です。ロボットの遠隔操作によってモデルハウスの接客を行うことで、自宅に近いオフィスにいながら、住宅営業として身に着けた知識や接客スキルを活かすことが可能になりました。当社は、ロボットの導入によって、働き手の状況によらず住宅営業としてのスキルを活かし続ける可能性が開かれると考えます。

 

 

 

KEIAIの社会的意義 ESG/SDGsへの取り組みについて

6. ダイバーシティ推進、女性活躍推進
 管理職登用や育休推奨など女性が活躍できる環境策を推進。2019、2020年には東京証券取引所・経済産業省が制定する「なでしこ銘柄」を受賞、2021年には経済産業省から「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選出済。

 

参考:2021年3月期決算説明資料 https://ki-group.co.jp/ir/library/presentation/

 

 

ひら家がミレルン! 熊谷展示場
住所:埼玉県熊谷市箱田7-22-16
TEL:0120-24-0870
営業時間:AM10:00~PM7:00
URL: https://hiraya.ai/
※無人店舗につきご見学の際は事前にご予約ください。

 

 

■ 今後の予定

 モデルハウスにおける運用実績をもとにアップデートを進め、2021年9月頃に複数のIKIのモデルハウスにて運用を開始します。さらに、当社グループでの活用や、他社の住宅展示場やモデルルーム向けに販売し、収益化を目指します。

 

■ Casa robotics(カーザロボティクス)株式会社とは

 非接触型営業やVRでの内覧、インターネットやアプリなど新たな技術を活用した接客とマーケティングに力を入れるため、2020年11月に設立。様々なテクノロジーの活用によって店舗の運営コストを低減し、高品質·低価格な注文住宅の提供を目指します。さらに、IoT、スマートロック·スマートシーリングライトなどの導入で、快適に過ごせる環境を提供しております。

【会社概要】
社 名  Casa robotics株式会社
代 表  代表取締役 細谷 竜一
所在地  〒370-0851 群馬県高崎市上中居町1619-2
     TEL:027-329-7756  FAX: 027-329-6336
資本金  1,000万円
設 立  2020年11月27日
U R L   https://www.casa-robo.ai/
事業内容 住宅建築請負、IoTを活用したスマートホームの企画·設計、住宅のVR/非接触型内覧システムの企画·運用、注文住宅検討アプリの企画·開発

 

■ ケイアイスター不動産株式会社とは

 「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。仕入れから販売までの業務フローにITを導入した「ケイアイプラットフォーム」によって戸建住宅のサプライチェーンを最適化、分譲戸建業界における抜本的な効率性・生産性の向上により、コンパクトなセミオーダー型分譲住宅で日本トップシェアの実績を誇ります。1都13県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、静岡、宮城、福島、佐賀、熊本)で事業を展開しています。新築戸建を中心に年間5,000棟(土地含む)以上を販売(※)。2021年3月期の売上高は1,557億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」、「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」「IKI(イキ)」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「新・ダイバーシティ経営企業100選」選定をはじめ様々な認定を頂きました。外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しています。(※グループ連結数値)

 
【会社概要】
社 名      ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  82,105万円
設 立  1990年11月
従業員数 2,019名(連結 / 2021.4.1現在)
URL  http://ki-group.co.jp/
事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ケイアイスター不動産株式会社 >
  3. 規格型平屋注文住宅IKIのモデルハウスでロボット接客を開始