Linux Foundation、Open Source Summit Japanの基調講演者とセッションスケジュールを発表

Open Source Summitアンブレラのもと、今日のオープンソースに影響を与える最も重要な技術、トピック、問題に焦点を当てた複数のカンファレンスを開催

Linux Foundation主催、日本で開催される最先端のオープンソースイベントが2022年、再び対面開催されます。12月5日・6日横浜で開催されるOpen Source Summit Japanの基調講演者とすべてのセッションスケジュールが発表されました。

2022年10月19日 サンフランシスコ&横浜発 (日本時間10月20日) ― オープンソースを通じて大規模イノベーションを推進する非営利団体Linux Foundation ( https://www.linuxfoundation.jp/ ) は、12月5日・6日横浜で開催されるOpen Source Summit Japan ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/ ) の基調講演者とすべてのセッションスケジュールを発表しました。全スケジュールはこちら ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/program/schedule/ ) でご覧いただけます。本イベントは、会場での対面参加とバーチャル参加を選べるハイブリッド形式で実施されます。

Open Source Summit Japanは、日本で開催される大規模なオープンソースカンファレンスです。オープンソースエコシステムが一堂に会し、技術者とオープンソース業界のリーダー企業のために、コラボレーションと情報共有を促進し、最新のオープンソース技術を学習し、革新的なオープンソリューションを活用することで競争優位に立つ方法を見出すためのフォーラムを提供します。

Open Source Summitは、次の10イベントで構成される、カンファレンス アンブレラです : LinuxCon、Automotive Linux Summit、CloudOpen、ContainerCon、OSPOCon、Critical Software Summit、Community Leadership Conference、Emerging OS Forum、Embedded IoT Summit、Open AI + Data Forum。一度の登録ですべてのイベントにアクセスできます。

Open Source Summit Japan 2022 基調講演者 :
  • Dan Cauchy, Executive Director, Automotive Grade Linux & General Manager of Automotive, The Linux Foundation
  • Noriaki Fukuyasu, Vice President of Japan Operations, The Linux Foundation
  • Dr. Shuji Hashimoto, Professor Emeritus, Waseda University
  • Dan Lorenc, Founder & Chief Executive Officer, Chainguard
  • Masashige Mizuyama, Executive Vice President & Chief Technology Officer, Panasonic Automotive Systems Co., Ltd.
  • Priyanka Sharma, General Manager, Cloud Native Computing Foundation (CNCF)
  • Jim Zemlin, Executive Director, The Linux Foundation
各イベントのセッションハイライト:

Automotive Linux Summit:
  • Update on Production Readiness and Flutter in AGL – Mitsuo Date, Toyota Motor Corporation/Woven Alpha https://sched.co/1D11L
  • Elements towards Functional Safety Use Cases with Linux in Automotive – Philipp Ahmann, Robert Bosch GmbH https://sched.co/1D0zq
LinuxCon:
  • How to Investigate Issues on Linux Embedded System – Yoshihiro Shimoda, Renesas Electronics Corporation https://sched.co/1D11R
  • Use Dmabuf to Streamline Sensor Data Handling – Wendy Liang, Cruise LLC https://sched.co/1D12D
OSPOCon:
  • Challenges & Opportunities for OSPOs in Asia-Pacific – Ana Jiménez Santamaría, TODO Group https://sched.co/1D105
  • A Data Analysis Approach for Contribution-Centric Open Source Strategy Planning – Kazumi Sato & Hiroyuki Fukuchi, Sony Group Corporation https://sched.co/1D11F
Critical Software Summit:
  • SW360 SBOM: Managing Vulnerability Information, SPDX Documents and New Dependency Network Between a Project and Software Components – Kouki Hama & Tien Le, Toshiba Corporation https://sched.co/1D12t
  • Formal Verification of Embedded Linux Systems Using Trace-Based Models – Benno Bielmeier & Wolfgang Mauerer, Technical University of Applied Sciences Regensburg https://sched.co/1D143
Emerging OS Forum:
  • What is the Big Deal with the Open Programmable Infrastructure Project? – Yan Fisher, Red Hat https://sched.co/1D12n
  • Panel Discussion: The Coming Multi-Chain World: Technologies and Use Cases for Connecting Blockchain Networks – Hart Montgomery, Hyperledger Foundation/Linux Foundation; Shingo Fujimoto, Fujitsu Research; Sophia Lopez, Kaleido & Susumu Toriumi, Datachain https://sched.co/1D13B
CloudOpen:
  • Securing Your Supply Chain by Building with FRSCA – Michael Lieberman, Kusari https://sched.co/1D10N
  • New Network Provisioning System Leveraging Kubernetes and Cloud Native Open Source – Hiroki Okui, NTT Communications https://sched.co/1D11U
Open AI + Data Forum:
  • OpenDataology – A Call to Arms for Fixing the Dataset Licensing Landscape – Gopi Krishnan Rajbahadur, Huawei Technologies Canada https://sched.co/1D151
  • Neural Search Improvements with Apache Solr 9.1: Approximate Nearest Neighbor and Pre-filtering – Alessandro Benedetti, Sease Ltd. https://sched.co/1D12q
ContainerCon:
  • Introducing the Latest Kubernetes Features for Troubleshooting  – Daisuke Kobayashi, Fujitsu https://sched.co/1D12J
  • On Data Locality in Kubernetes – Chen Wang, IBM Research & Shouwei Chen, Alluxio https://sched.co/1D11v
Community Leadership Conference:
  • Open Source Beyond Software Development: g0v.tw’s 10-year Odyssey  – Isabel Hou, g0v jothon https://sched.co/1D11I
  • How InnerSource is Beginning to Change Software Development at IBM. Lessons Learned, Best Practices, and How You Can Apply Innersource at Your Workplace – Jeff Borek, IBM https://sched.co/1D12P
Embedded IoT Summit:
  • Fusion of Sensors and Robot – Haruhisa Fukano, Fujitsu https://sched.co/1D14y
  • Asymmetric/Heterogeneous MultiProcessing (AMP/HMP): Mainline Linux and Zephyr in Unison – Marcel Ziswiler, Toradex AG https://sched.co/1D14g
10月24日までの登録 (対面参加 https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/register/ ) はUS$375です。バーチャル参加登録はUS$25です。Linux Foundation企業メンバー ( https://www.linuxfoundation.org/about/members ) は20%割引で登録できます。割引コードはメール (events@linuxfoundation.org) でお問い合わせください。

ダイバーシティ/ニーズベース スカラーシップ (登録奨学金) の申請を受け付けています。申込基準と申請方法はこちら ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/attend/scholarships/ ) をご覧ください。Linux Foundationのトラベルファンドも申請を受け付けています。これはオープンソースの開発者やコミュニティのメンバーが、資金不足のために参加できないイベントへの参加をかなえるための助成制度です。詳細はこちら( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/attend/travel-funding/ )をご覧ください。

健康と安全のための要件
対面の参加者は新型コロナウイルスワクチンの接種証明または新型コロナウイルス検査の陰性証明を提示し、イベント会場内ではマスクを着用する必要があります。また、Linux Foundationの行動規範 ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/attend/code-of-conduct/ ) に従い、現地参加要件となるすべての健康と安全のための対策を遵守する必要があります。対面の参加者の安全を確保するための行動の詳細はこちら ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/attend/health-and-safety/ ) をご覧ください。

イベントスポンサー
Open Source Summit Japan 2022は、ダイヤモンドスポンサーであるAutomotive Grade Linux、プラチナ スポンサーであるCloud Native Computing Foundation、富士通、ゴールドスポンサーであるサイバートラスト、日立製作所、LINE Corporation、NEC、ルネサス エレクトロニクスをはじめとするスポンサーの支援により実現します。スポンサーシップに興味がある人はこちら ( https://events.linuxfoundation.org/open-source-summit-japan/sponsor/ ) をご覧ください。

プレス
このイベントへの参加に関心のある報道関係者で、参加用のアクセスコードをお持ちでない方は、Noriko Otake (notake@linuxfoundation.org) までご連絡ください。

###

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationとそのプロジェクトは、2,950を超えるメンバーによってサポートされています。Linux Foundationは、オープンソース ソフトウェア、オープンハードウェア、オープンスタンダード、オープンデータに関するコラボレーションのための世界有数の拠点です。Linux Foundationのプロジェクトは、Linux、Kubernetes、Node.js、ONAP、Hyperledger、RISC-Vなど世界のインフラストラクチャにとって重要なものです。Linux Foundationの方法論は、ベストプラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、ソリューション プロバイダーのニーズに対応し、オープン コラボレーションの持続可能なモデルを構築することに重点を置いています。詳細については linuxfoundation.org をご覧ください。

Linux Foundationはさまざまな登録商標および商標を使用しています。 Linux Foundationの商標の一覧についてはこちら ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) をご覧ください。
Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Linux Foundation Japan >
  3. Linux Foundation、Open Source Summit Japanの基調講演者とセッションスケジュールを発表