人事制度を「人事ハンドブック」として全て公開

ココネ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:冨田洋輔、以下「ココネ」)は、会社の運営における人事制度を「人事ハンドブック」として全て公開いたしました。

ココネでは「暮らすように働く」場所としてのオフィス空間の整備や、様々な取り組みを行ってまいりました。
その根幹をなす人事制度(人事体系、評価制度、報酬制度、福利厚生に関するもの)について、導入の理由なども含めて全てをホームページ上に公開いたしました。
また同時に公開に至るまでの道程について、関係者によるインタビューも掲載しております。

■人事ハンドブック
掲載WEBページ:https://www.cocone.co.jp/system.html

■インタビューより

 

北村(人事担当執行役員)
世の中の人事ハンドブックで、実務の運用の部分のみがポンと記載されているものが多いと思うのですが、ココネのものは、会社としての価値感とか、目指したい会社像をまず手厚く説明することから入っています。
ここの根っこの部分がとても大事だと思っていて、共通の会社の価値感や、理念を実現するものとして人事体系が設計されているんです。

石渡(取締役弁護士)
外部コンサルにお金を払って作ってもらった人事制度があったのですよね。例えば、昇給するための計算式とか詳細についていたんですが、何かやりたいことと違ったんですよね。結局、うちの理念とか価値感とかを前提にしていない「ひな型」みたいな人事制度は、私たちが欲しかったものではなかったんですよね。

 

■インタビュー記事
WEBページ:https://www.cocone.co.jp/detail/story.html?id=5105

■ココネ株式会社について
ココネは、スマートフォン向けキャラクターの着せかえアプリ『ポケコロ』やストーリー型パズルゲーム『猫のニャッホ』など、1,500万人以上の女性から支持されているサービスを提供する、ソーシャルネットワークをベースとしたデジタルコンテンツ企業です。
「飾って楽しむソーシャルサービス」や「飾る要素を持つゲーム」など、「キャラクター(Character)」が存在し、「コーディネート(Coordinating)」要素をもち、「遊ぶ(Play)」ことができるサービスに注力し、このジャンルを「CCP(Character Coordinating Playの略)」と定義して開拓してまいりました。サービスの企画・開発・デザイン・運営・マーケティングを全て自社で行い、「CCP」ジャンルにおいては、世界的にもトップランクのノウハウと実績を有しています。
2017年4月より幼児園「インターナショナル・モンテッソーリ・ミライ・キンダーガーテン」も開園。AI時代に向けて、バイリンガルやモンテッソーリ、コンピューターサイエンスを中核とした未来志向の教育を行っています。

■ココネ株式会社が運営する主な事業
・ポケコロ:https://www.pokecolo.jp/
・ポケコロツイン:https://www.pokecolotwin.jp/
・ディズニー マイリトルドール:https://mylittledoll.jp/
・サンリオ ハロースイートデイズ -Hello Sweet Days:https://sweetdays.jp/
・猫のニャッホ 〜ニャ・ミゼラブル〜:https://niagho.com/
・センシル〜ファンタジー着せ替えバトル〜:https://sensil.jp/
・coconets: https://coconets.design/
・インターナショナル モンテッソーリ ミライキンダーガーテン:https://www.miraikinder.co.jp

■会社概要
・会社名:ココネ株式会社(URL:https://www.cocone.co.jp/
・代表者:代表取締役社長 冨田 洋輔
・設 立:2008年9月
・所在地: 東京都世田谷区若林3-1-18
・事業概要:ソーシャルネットワークサービス事業、ソーシャルゲーム事業、語学事業

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ココネ株式会社 >
  3. 人事制度を「人事ハンドブック」として全て公開