外反母趾やむくみ、靴ずれ・・・  働く女性の85%が、足の悩みを抱えている!

株式会社サンケイリビング新聞社(東京都千代田区)が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」
は、外反母趾にも優しい、美しい靴「fitfit」を製造・発売する株式会社fitfit(東京都世田谷区)とともに、働く女性を
対象に「パンプス」に関する意識や実態を調査しました。
===============================================
■調査期間:2017年3月14日~3月20日
■調査対象:シティリビング メール会員
■有効回答:534票(正社員総合職24.2%、正社員一般職49.8%、契約・嘱託社員6.6%、派遣社員10.3%、
パート・アルバイト9.2%)
■調査方法:Webアンケート (シティリビングWeb⇒ http://city.living.jp/

================================================

 


“週1回以上会社でヒールのある靴を履いている”のは41.6%


 会社でヒールのある靴を履いているかを聞いたところ、「いつも」が24.5%と、4人に1人は毎日履いているという結果に。「週2~3日」が10.9%、「週1回程度」が6.2%と、「週1回以上履いている」のは41.6%でした[グラフ1]。




“仕事中における足の悩み”は多くの働く女性が抱えている

 


 仕事中における足の悩みを聞いたところ、「ある」が85.0%と多くの働く女性が悩みを抱えていました。足の悩みについて、会社でヒールのある靴を「週1回以上履いている人」と「ほとんど履いていない人」を比較したところ、悩みがある人は「週1回以上履いている人」のほうが10ポイント近く高く、9割にものぼりました[グラフ2]。



そして、具体的な悩みでは、「むくみ」が60.3%と突出していました[グラフ3]。


また、自分が外反母趾、または外反母趾気味かを聞いたところ、「はい」が41.9%という結果でした[グラフ4]。

 

 


パンプスに求めることは、“履き心地”と“歩きやすさ”


 パンプス選びに悩んでいるかを聞いたところ、「はい」が63.5%、会社でヒールのある靴を「週1回以上履いている人」では「はい」が76.1%と、4人に3人が悩んでいることがうかがえました[グラフ5]。そんな中、パンプスに求めることベスト3は、「履き心地」91.4%、「歩きやすさ」81.6%、「デザイン性」49.8%と、デザインや価格よりも、“履き心地”と“歩きやすさ”が重視されているようです[グラフ6]。また、デザインが良く、履き心地もいいパンプスについて妥当な金額を聞いたところ、「15,000円未満」が87.6%と、価格に対してシビアな一面が見受けられました[グラフ7]。
 

 

 












 





機能性とデザイン性を兼ね備えた外反母趾の足にもやさしい靴「fitfit」の新シリーズご紹介

   パンプニーカー(pumpneaker)

 

  =パンプスのデザイン性+スニーカー級の履き心地




①外反母趾にもやさしいオリジナルの木型
②ソールのつま先部分の親指側を高く小指側を低く設計
③ソールは外反母趾にもやさしい独自設計の3in1ソール







【本件に関するお問い合わせ先】
 株式会社サンケイリビング新聞社
 担当:山田(ymdnorio@sankeiliving.co.jp)TEL:03-6703-4410

【商品に関するお問い合わせ先】
 株式会社fitfit お問い合わせ(DoCLASSEお客様サービスセンター)
 TEL:0120-178-788 受付時間 9:00~21:00
(年中無休 ※年末年始を除く)
  1. プレスリリース >
  2. サンケイリビング新聞社 >
  3. 外反母趾やむくみ、靴ずれ・・・  働く女性の85%が、足の悩みを抱えている!