木造耐震設計事業を展開するエヌ・シー・エヌ、事業拡大に伴い本社移転

国産材CLTデスクや木質空間ツールの活用により、オフィスの木質化を推進

NCN
株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区、代表取締役社長:田鎖郁男、以下「エヌ・シー・エヌ」)およびグループ会社は、2022年12月12日(月)より東京都千代田区永田町へ本社を移転いたしますのでお知らせいたします。
株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都港区、代表取締役社長:田鎖郁男、以下「エヌ・シー・エヌ」)およびグループ会社は、2022年12月12日(月)より東京都千代田区永田町へ本社を移転いたしますのでお知らせいたします。

 

エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)

エヌ・シー・エヌは1996年の設立以来、「日本に安心・安全な木構造を普及させる。日本に資産価値のある住宅を提供する仕組みをつくる」ことを目標に、耐震性の高い独自の木構造建築システム「SE構法」を開発し、全国工務店ネットワークへの供給を通じて、木造建築の耐震化に向けた事業を展開してまいりました。

このたび、業容の拡大とそれに伴う社員の増加、また今後の事業拡大を見据え、本社を移転いたします。
新オフィスは「オフィスの木質化」と「機能性」をコンセプトとして、国産材のCLT※デスクを採用することなどにより木質化をはかりながら、機能的な木質空間を実現することで社員間のコミュニケーションを活性化し、働きやすい環境を整備しています。
今後は新たなオフィスから、エヌ・シー・エヌ社員一同、一層充実したサービスをお客様に提供してまいります。

※CLT(Cross Laminated Timber)とは、ひき板(ラミナ)を繊維方向が直交するように積層接着した大判の木質パネル建材。欧米を中心にマンションや商業施設などの壁や床として普及しており国内においても国産材のCLT活用がすすんでいる。

■新オフィスのコンセプト
「木構造」を体現するため、国産材によるオフィスの木質化。
新オフィスは、エヌ・シー・エヌが独自開発した建築システム「SE構法」の特長でもある「“木構造”をベースとしたオフィスの木質化」と「機能性」をコンセプトとして、当社商品開発室が設計いたしました。
オフィス内は、木質構造材として注目されている「CLT(Cross Laminated Timber)」と、SE構法の技術を多目的用途に活用するためにエヌ・シー・エヌが開発した木質空間創造ツール「ヤグラ」により構成しています。
CLTは、執務エリアのデスク天板を中心にエントランススペースの建具等に活用しています。デスク天板には、「CLT36」を採用しました。「CLT36」は国産木材を使用してつくられており、日本農林規格(JAS)の品質や強度などの基準を満たしたCLTの中で国内最薄・最軽量の素材です。一般的に厚物CLTが多い中で、厚さ36ミリの「CLT36」は人の手で持ち運ぶことが可能で、施工性に優れています。
空間の境界として活用した木質空間創造ツール「ヤグラ」についても、構成する柱や梁に国産のヒノキとスギを採用しました。

国産材総量は11立方メートル、木材に係る炭素貯蔵量(Co2換算)は7トン。
「CLT36」はスギ、「ヤグラ」もヒノキやスギなどいずれも国産材を使用し、その総量は11立法メートルとなり林野庁の「建築物に利⽤した⽊材に係る炭素貯蔵量の表⽰に関するガイドライン」にて換算すると、木材炭素貯蔵量は7トンになります。
木構造に携わる企業として国産材使用と炭素固定をすすめることで、持続可能な社会に向けたカーボンオフセットへの取り組みを推進してまいります。

「機能性」を実現するための、ネットワークとコミュニケ―ションの活性化。
社名の由来でもある「New Constructor’s Network」から、登録施工店や関係各社とのネットワーク、またコロナ禍を経た社員間のコミュニケーションの活性化を意識した機能的な空間デザインとしました。
執務エリアはワンフロアで、各部署間には「ヤグラ」による中間領域を設けることで、曖昧な境界による横断的なコミュニケーションの発生を図ります。
また、交通の利便性も良くなることで全国590社の登録施工店や関係各社皆様に気軽にお立ち寄りいただき、相互の情報交換を推進するとともに、今後はイベントも開催し、さらなるネットワークの強化を目指します。

エヌ・シー・エヌ 新オフィス エントランス(CG)エヌ・シー・エヌ 新オフィス エントランス(CG)

エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)

エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)エヌ・シー・エヌ 新オフィス 執務エリア(CG)

■新オフィス概要
会社名  :株式会社エヌ・シー・エヌ
所在地  :〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル7階
業務開始日:2022年12月12日(月)
代表電話 :03-6897-6311

■移転対象となる当社グループ会社
・SE住宅ローンサービス株式会社
・株式会社木構造デザイン

■会社概要
株式会社エヌ・シー・エヌ  https://www.ncn-se.co.jp
代表者:代表取締役社長 田鎖郁男
所在地:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル7階
TEL:03-6897-6311  FAX:03-6770-4228  
設立 :1996年12月11日
資本金:3億9,085万円 (2022年3月末現在)
従業員数:93名(構造設計一級建築士3名、一級建築士14名、二級建築士13名)(2022年3月末現在)

□事業内容
・木造システム「耐震構法 SE構法」の提供
・建築ネットワーク事業
・建築関連サポート

□子会社
・SE住宅ローンサービス株式会社
・株式会社MAKE HOUSE
・株式会社木構造デザイン
・株式会社翠豊

□関係会社
・株式会社MUJI HOUSE(無印良品の家)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NCN >
  3. 木造耐震設計事業を展開するエヌ・シー・エヌ、事業拡大に伴い本社移転