ヤマダ電機全国12店舗に「freeeサービスカウンター」を設置。会計freeeの体験、軽減税率制度対策の相談が可能に

 freee株式会社(以下freee)は、全国12店舗でクラウド会計ソフトfreee(以下会計freee)の体験や軽減税率制度対策の相談ができる「freeeサービスカウンター」の設置を4月23日に開始しました。
 本カウンターでは、スキャナーを使ったデモ体験が出来る他、専門スタッフに軽減税率制度対策の相談をすることが可能です。

■freeeサービスカウンターの設置店舗(全国12店舗)

12店舗に開設12店舗に開設

■設置に至った背景
freeeは、これまでお電話やオンラインにて会計freeeのご説明を行ってまいりましたが、全国各地の事業者の皆様の「実際に会計freeeを体験したり、経理作業の効率化について相談したい」というご要望に対応しきれておりませんでした。
また一方で、2019年10月の消費税増税とともに施行される軽減税率制度への準備につきましては、約8割の事業者が準備に取り掛かっていないというデータ(※)が発表されており、事業者にとっては大きな関心事となっています。
そこでこのたび、大手家電量販店のヤマダ電機店舗内で気軽に会計freeeおよび周辺機器を体験/購入ができるようになります。スキャナーを使った領収書の読み込み機能を体験することも可能です。
※日本商工会議所「中小企業における消費税の価格転嫁および軽減税率の準備状況等に関する実態調査(2018/9/28)

■freeeサービスカウンターでできること
体験
スキャナを活用した、大量の領収書の高速仕訳

相談
以下の2点をご相談いただくことが可能です。
 軽減税率制度:請求書の作成や経費精算等どのような業務に対策が必要か
 会計freee:経理と会計業務をどのように効率化できるか
※上記以外のご相談は現在承っておりません

会計freeeの購入
・ヤマダ電機店舗にて購入可能
・クレジットカードで購入を希望される場合、以下の特典利用がお得です

【ご来店者の皆様へ特別優待】
ヤマダ電機専任の会計freeeコンサルタントによる、お電話とデモ画面を利用した操作説明を聞くことが可能です。また、年間プラン初年度利用料金20%割引となるクーポンをご利用いただけます。

周辺機器の購入
パソコン、スキャナ、ICカードリーダー、付属アクセサリーの購入が可能です。

カウンターでは、スキャナーを使った「領収書の高速仕分け」体験が可能カウンターでは、スキャナーを使った「領収書の高速仕分け」体験が可能

■今後の展望
4月23日都内を中心とした12店舗でスタート、全国に拡大を目指しサービスを拡充してまいります。

■ freee株式会社について
「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

<会社概要>
会社名 freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者 代表取締役 佐々木大輔
設立日 2012 年 7 月 9 日
資本金 161億603万円(資本準備金等含む)
所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. ヤマダ電機全国12店舗に「freeeサービスカウンター」を設置。会計freeeの体験、軽減税率制度対策の相談が可能に