6月28日(水)「中目黒高架下」がグランドオープンします!

~時間と空間をシェアする“高架下の商店街”に、新たに2店舗がオープン!~

2017年6月28日(水)に、東京地下鉄株式会社と共同で開発を進めてきた「中目黒高架下」(以下、本施設)内に新店2店舗がオープンし、全区画開業します。
 本施設は2016年11月22日(火)、東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間約700mのエリアに開業しました。レストランや雑貨・食物販店舗、事務所など28店舗が立ち並ぶテナント構成で、開業以来、多くのお客さまにお越しいただいています。本施設の「高架橋というひとつ屋根の下を、個性あるさまざまな店舗が「“SHARE(シェア)”する」という開発コンセプトのとおり、中目黒駅周辺にとって象徴的な存在である高架下エリアに人々が集い、時間や空間をシェアすることで中目黒らしいカルチャーの発信地となり、中目黒駅周辺の既存商店街や緑道との回遊性をより一層高める役割を担っています。

 今回、「原トリッパ製造所」、「中目黒伍燗 GALLERY亀八堂」、「おばんざいソウル小町」の所在するH区画に新たな2店舗がオープンし、これをもって「中目黒高架下」はグランドオープンとなります。モダンな内装空間で楽しむ新スタイルの焼き鳥スタンド「鳥見日和~Happy Birds day~(ハッピーバーズデイ)」は新業態として、から揚げバル「スパイシーフライヤーズ」は恵比寿本店に続く2店舗目としてそれぞれオープンします。
 また、開業時に順次オープン予定とご案内していた個性豊かなオフィス・ショップなどが立ち並ぶ「NAKAME GALLERY STREET」内の全10店舗が5月に開業しました。
 さらに5月にはアメリカを拠点に活躍する2名のアーティストを招待し、目黒区の協力のもと、真っ白の高架下の壁をキャンバスに見立てて、街の新たなアートスポットとなる35×2mの巨大ウォールアートを完成させました。

 当社では、「中目黒高架下」が中目黒駅の街のシンボルとなることを期待するとともに、今後も高架下の空間利用をはじめとした街の特徴を活かす開発を行うことで、「日本一住みたい沿線 東急沿線」を実現します。グランドオープンとなる中目黒高架下の詳細は別紙の通りです。


以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急電鉄 >
  3. 6月28日(水)「中目黒高架下」がグランドオープンします!