あの“やりすぎ”メニューが“ふりかけ”に。 「カレーに、梅干しを<まるごと>入れてみた。」、「牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。」、「餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。」新発売

「食の世界は広大だ。」 やりすぎメニューをふりかけで体験しよう。

 株式会社 永谷園(社長:五十嵐 仁、東京都港区)は、SNSで話題になった「一度はやってみたい」食べ方を思い切って“ふりかけ”で再現した「カレーに、梅干しを<まるごと>入れてみた。」、「牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。」、「餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。」(税抜130円)を2020年2月17日(月)より全国で発売いたします。 “やりすぎメニュー”に興味はあるけれど「やってみるのは勇気がいる」と感じる方におすすめの商品です。これまでとは一風変わったふりかけを発売することで市場の活性化を図ってまいります。

 

やってみたふりかけやってみたふりかけ

 

 

◇「やりすぎが、実はウマい。」 やってみたくなるあのメニューをふりかけで。
 近年、食品はTwitterやYouTubeなどのSNSで「新しい食べ方」を発信・拡散するケースが増えており、専門店でメニュー化されたり、テレビで紹介されたりと話題になっています。本商品は、そんな知る人ぞ知るメニュー・食べ方を、手軽に体験できるふりかけで再現しました。
 よく知っているメニューも、少しの変化で違ったおいしさを生み出す、まさに「食の世界は広大である」ことを表現しています。

◇商品特長
・馴染みの料理の「やりすぎが、実はウマい」をふりかけで再現しました。
・使用量が自分で調節できるチャック付きの大袋形態です。
・パッケージは、今までのふりかけの世界観から逸脱した「食の世界の広大さ」をテーマに、想像力をかき立て、思わず食べてみたくなるデザインになっています。

【カレーに、梅干しを<まるごと>入れてみた。】
・カレーに梅干しをまるごと入れたときの酸味とコクを再現しました。
・濃厚でジューシーなカレーの味わいと、口内に含んだ瞬間と噛んだ瞬間の2段階の梅干しの風味が楽しめます。
・カレーと梅干し、未知の遭遇によって宇宙的脅威のおいしさが生まれました。

 【牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。】
・牛丼に紅生姜を山ほどのせたときの紅生姜がガツンと香る味わいを再現しました。
・旨みと甘みのあるジューシーな牛丼の味わいに、インパクトのある紅生姜の風味が楽しめます。
・牛丼にうず高く積みあがった紅生姜の自然的脅威を感じるおいしさです。

【餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。】
・餃子を酢と大量のコショウで食べたときの刺激的な味わいを再現しました。
・パンチのある餃子の味わいに、パウダーと粒の2種類のコショウを効かせた、スパイシーでやみつきになる味わいです。
・餃子がコショウの大波でサーフィンするかの如く、自然的脅威を感じるおいしさです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社永谷園ホールディングス >
  3. あの“やりすぎ”メニューが“ふりかけ”に。 「カレーに、梅干しを<まるごと>入れてみた。」、「牛丼に、紅生姜を<どっさり>のせてみた。」、「餃子を、酢と<大量の>コショウで食べてみた。」新発売