ソロエル、SOLOEL Lightを本日よりZOZOに提供開始

~購買業務の見える化により、決算作業の早期化を実現~

 アスクル株式会社100%子会社、企業の購買業務のワンストップソリューションを提供するソロエル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:山口美和、以下「ソロエル」)は2020年12月より、日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長兼CEO澤田 宏太郎、以下「ZOZO」)に対して、必要な間接材すべての購入が一つのシステムで一元管理でき、煩雑な購買業務の効率化を実現できるSOLOEL購買システム「Light」の提供を開始します。

 

■ZOZOによるSOLOEL購買システム「Light」導入の背景
 ZOZOは、“世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。”を企業理念に、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の企画・運営をはじめとした、様々なファッションサービスを展開しています。
 本社だけでなく、複数の物流拠点や子会社拠点を抱えるZOZOでは、物流拠点や事業の拡大に伴い、データ集約の簡易化を目指すため、SOLOEL購買システム「Light」の導入を決定しました。これにより、全拠点の購買データの可視化、および発注~請求一元化、データの一括管理が可能となり、決算にかかる作業工数の削減および時間の短縮が実現され、決算作業の早期化が見込まれます。

 

SOLOEL購買システム「Light」SOLOEL購買システム「Light」

 ソロエルはこれからも、企業間購買の中立的な立場から、圧倒的なデータ量と先端テクノロジーで「いままでに無い購買」を実現し、すべての企業の成長を通じて社会に貢献してまいります。

■株式会社ZOZOについて
 日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」、ブランド古着のファッションモール「ZOZOUSED」、足の3D計測用マット「ZOZOMAT」、ブランドが企画した商品をZOZOが数十サイズで展開する「マルチサイズ」、才能やセンス溢れる“個人”とともにファッションブランドをつくるD2C事業「YOUR BRAND PROJECT」などの企画・開発、ならびに各サービスのカスタマーサポート、物流倉庫「ZOZOBASE」の運用などのファッションサービスを展開しています。

【「SOLOEL」サービスについて】 https://www.soloel.com/
 ソロエル株式会社は、アスクル株式会社が提供する大企業向け購買ソリューション「SOLOEL」において、お客様開拓およびサービス周辺業務を担う100%出資の子会社です。2008年より提供を開始した、SaaS型の購買システムと企業横断の標準化されたノウハウによる購買業務代行のトータルソリューションサービスは、2020年11月時点で、31企業法人グループ・20万人以上のお客様にご利用いただいています。

〔基本サービス〕 購買システム、購買業務代行、データサービス
※SOLOEL購買システム「Enterprise」と「Light」では、サービス内容が異なります

SOLOEL購買システム「Enterprise」SOLOEL購買システム「Enterprise」


※本リリースに掲載の情報は発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますのでご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アスクル株式会社 >
  3. ソロエル、SOLOEL Lightを本日よりZOZOに提供開始