島田叡生誕120年・沖縄戦を描く朗読劇「島守の塔」開催決定!

貴城けい、北翔海莉、舞羽美海の元宝塚トップスター出演

毎日新聞社は、元宝塚トップスターの貴城けいさん、北翔海莉さん、舞羽美海さんが出演する、朗読劇「島守の塔」を2021年6月22日(火)大田区民ホール・アプリコ大ホールにて開催します。
「島守の塔」は、戦中最後の官選知事・島田叡(兵庫県出身)と警察部長・荒井退造(栃木県出身)、その2人に生を託された沖縄の女性・比嘉凛を中心にそれぞれの生き方と苦悩を描く物語です。

島田叡役は2006年に宝塚歌劇団宙組トップスターに就任し、退団後も幅広く活動している貴城けいさん、 荒井退造役は2015年に星組の男役トップスターに就任して人気を博す北翔海莉さん。沖縄戦の激しい戦火の中で、島田と荒井と行動を共にし、命に対する考えが次第に変わっていく比嘉凛役は、2011年に宝塚歌劇団雪組トップ娘役に就任し、退団後に映画、ドラマ、舞台で活躍中の舞羽美海さんを迎えます。
 

左から舞羽美海さん、貴城けいさん、北翔海莉さん左から舞羽美海さん、貴城けいさん、北翔海莉さん

 

 

脚本は、2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出された映画「本気のしるし 劇場版」(深田晃司監督)の脚本を担当した三谷伸太朗さん。そして、藤井フミヤ氏のアルバムへの楽曲提供をはじめ自身の音楽活動だけでなく、琉球古典音楽の研鑽も進めている岡村聡士さんが、音楽と三線演奏を担当。キャスティング、プロデューサー、そして語りを務めるのは、アナウンサーの立花裕人さんです。

原作となった映画「島守の塔」(毎日新聞社など製作委員会)の撮影は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中断になり、撮影再開を今年秋以降に予定しています。その映画公開予定だった今年6月に、映画の脚本に基づいた朗読と沖縄三線の演奏で紡ぐ歌の演劇を開催します。

2020年荒井退造生誕120年を迎え、今年12月25日は島田叡の生誕120年となります。これを機に、島田と荒井が訴えた命の尊さや平和のメッセージを、貴城けいさん、北翔海莉さん、舞羽美海さんが情熱的な朗読と歌唱を通じてお届けします。ぜひともご観覧ください。

<公演概要>
【公演名】島田叡生誕120年記念 朗読劇「島守の塔」
【開催日】 2021年6月22日(火)      昼公演 開場12:00/開演13:00
                 夜公演 開場16:00/開演17:00
【会場】大田区民ホール・アプリコ 大ホール(東京都大田区蒲田5-37-3)
【出演】貴城けい 北翔海莉 舞羽美海/立花裕人 岡村聡士
【原作】映画「島守の塔」柏田道夫、五十嵐匠
【脚本】三谷伸太朗
【音楽監督】岡村聡士
【プロデュース・演出】立花裕人、宮脇祐介
【製作・主催】毎日新聞社
【後援】映画「島守の塔」製作委員会(下野新聞社/神戸新聞社/琉球新報社/沖縄タイムス社/クイック/ストームピクチャーズ/サンテレビジョン/毎日新聞社/とちぎテレビ/井上総合印刷)
【協力】オスカープロモーション、松竹エンタテインメント、北翔海莉事務所(50音順)

【朗読劇「島守の塔」公式サイト】https://www.mainichi.co.jp/event/culture/shimamori/
【映画「島守の塔」公式サイト】https://shimamori.com/

【チケット料金】 全席指定 7,700円(税込)※未就学児入場不可
【チケット取り扱い】2021年5月15日(土)10:00より一般発売
・イープラス     https://eplus.jp/shimamori/
                         ファミリーマート店内Famiポート

・チケットぴあ     https://w.pia.jp/t/shimamori/
                          0570-02-9999 (Pコード:505-538)
                          セブン-イレブン、チケットぴあ店舗

・ローソンチケット https://l-tike.com/shimamori/ 
                            Lコード:31804
                            ローソン・ミニストップ店内Loppi

<公演に関するお問い合わせ>
毎日新聞社事業本部 03-3212-0804(平日10:00〜18:00)       

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (平日12:00~15:00)

<ストーリー>
沖縄県糸満市摩文仁にある平和祈念公園。18歳の未来(みく)が慰霊塔「島守之塔」の前で手を合わせた。通りかかった島村に祖母・比嘉凛について聞かれ、沖縄県職員として働いた凛のことを語り始めた――。1944年の沖縄県那覇市。連合軍の沖縄上陸が予想されるなか、凛は栃木県出身の荒井退造警察部長の下で、大規模な県民疎開を促そうとした。しかし同年10月の沖縄大空襲後も県民の疎開が遅々として進まない。そんななか、1945年1月末に、兵庫県出身の官僚・島田叡が知事に就任。沖縄戦も開戦する中、凛は愛する島と周囲の人を守ろうとする。激しい戦況下、凛と島田、荒井は少しずつ心の距離を縮めていくのだった。しかし、命運尽き永久の別れが来たその時、島田は凛に「命(ぬち)どぅ宝」(命こそ宝)という言葉で彼女に未来を託した――。

 <キャスト・スタッフのプロフィール>
島田叡・貴城けい (たかしろ・けい)
1992年に78期生として宝塚歌劇団に入団。2006年に宙組男役トップスターに就任。2007年に宝塚を退団後も舞台を中心に女優として活動。主演舞台『サイド・ショウ』『ビクター・ビクトリア』をはじめ『アプローズ』『ミー&マイガール』『屋根の上のヴァイオリン弾き』『10ミリオンマイルズ』『CHICAGO』『三文オペラ』など多数のミュージカルに出演。また、ドラマや映画、コンサート、朗読劇など多方面で活躍。著書に『宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座』がある。

荒井退造・北翔海莉 (ほくしょう・かいり)
1998年84期生として宝塚歌劇団に入団。2015年5月星組男役トップスターに就任。2016年11月「桜華に舞え/ロマンス!!」をもって退団。2017年4月に北翔海莉1stアルバム「Alrai~エルライ~」をリリースし「ALL JAPAN TOUR 2017」を開催。ミュージカル「パジャマゲーム」、「ふたり阿国」、「海の上のピアニスト」など数々の作品にて主演。藤間勘十郎文芸シリーズ及び現代能「マリー・アントワネット」に出演する他、コンサートやディナーショーにおいても活躍中。

比嘉凛・舞羽美海(まいはね・みみ)
8月22日生まれ。兵庫県出身。2005年宝塚音楽学校入学、2011年に雪組トップ娘役に就任。2012年東京宝塚劇場公演『Jin-仁-/GOLD SPARK!―この一瞬を永遠に―』の千秋楽をもって退団。以降、映画、ドラマ、舞台で活躍。近年では『ダンス オブ ヴァンパイア』サラ役、『ピーターパン』タイガー・リリー役、舞台『鬼滅の刃』珠世役など。映画『マザー』『超高速!参勤交代』『大コメ騒動』、ドラマ『新法廷荒らし 猪狩文助』、『早子先生、結婚するって本当ですか?』『プリンセスメゾン』など。

語り・立花裕人 (たちばな・ひろと)
テレビ報道番組キャスター、ニュースリポーター、ラジオパーソナリティの他、作詞家、イベントプロデューサーとしても幅広く活動。沖縄のユニット「しゃかり」に楽曲提供。「忘れない~天国の大切なあの人へ~」ではプロデュースとキャスティングなどを担当。

脚本・三谷伸太朗(みたに・しんたろう)
大阪出身。主な作品は舞台『あにてれ×=LOVE ステージプロジェクト「ガールフレンド(仮)」』 、映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』。全10話の脚本を担当したドラマ『本気のしるし』を再編集した劇場版がカンヌ国際映画祭Official Selection 2020に選出された。

音楽監督・岡村聡士(おかむら・さとし)
沖縄県出身のシンガーソングライター/作詞作曲家/編曲家。1996年、藤井フミヤ氏のアルバムへの楽曲提供で作曲家デビュー。2007年よりソロライブ活動をスタート。ソロライブ活動と並行し、三線奏者として様々なアーティストやTVCMのレコーディング参加や作詞作曲家として他アーティストへ楽曲提供など幅広い活動に加え、2018年には琉球古典芸能コンクール(琉球新報社)安冨祖流三線新人部門に合格し改めて琉球古典音楽の研鑽も進めている。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社毎日新聞社 >
  3. 島田叡生誕120年・沖縄戦を描く朗読劇「島守の塔」開催決定!