(仮称)NFT奈良市写真美術館オープンへ

写真美術館として先駆的実証実験を開始

入江泰𠮷記念奈良市写真美術館で、日本の写真美術館としては初めての試みで、メタバース上での今秋の(仮称)NFT奈良市写真美術館の開館を目指し、実証実験を開始しました。
未来を担うデジタルネイティブの子どもたちに写真を通じて芸術に触れ合っていただくことにより、将来彼らの選択肢が少しでも広がり多くを得られるよう、NFT写真美術館を運営していく予定です。

 

 

(仮称)NFT奈良市写真美術館(仮称)NFT奈良市写真美術館

今年度の取組みとしては、当館では15万点以上ある入江泰𠮷作品のデジタル化と同時にNFT化を進めることで、デジタル資産上での権利証明を付加します。

更に、メタバース空間で入江泰𠮷作品や奈良の魅力を広め、また、写真美術館として日本の写真家を世界に届けるため、メタバース空間上で世界的に評価をされている「The Sandbox」と「Decentraland」でのNFT奈良市写真美術館のオープンを今秋に予定しています。

また、コロナ禍で美術館訪問ができなかった児童および生徒を対象に、オンラインによるメタバース美術館での作品鑑賞や、撮影した写真をNFT化しメタバース上の美術館へ展示する企画を検討しております。

入江泰吉記念奈良市写真美術館外観入江泰吉記念奈良市写真美術館外観

 

【参考】
The Sandbox(サンドボックス)/Decentraland(ディセントラランド)
いずれもイーサリアムのブロックチェーン技術を基盤としたユーザー主導のメタバース分野でのプラットフォーム。

【リリース資料】
https://prtimes.jp/a/?f=d36429-20220628-84b7dcdcee8c7abe5e62c2f1f4538c0b.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 奈良市役所 >
  3. (仮称)NFT奈良市写真美術館オープンへ