加藤シゲアキ『オルタネート』祝 第42回「吉川英治文学新人賞」受賞!HPに「受賞のことば」を掲載しました。

 

 

 

加藤シゲアキ『オルタネート』新潮社刊加藤シゲアキ『オルタネート』新潮社刊

 

 

 公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催する吉川英治賞(吉川英治文学賞、吉川英治文庫賞、吉川英治文学新人賞、吉川英治文化賞)の贈呈式が2021年4月9日(金)午後5時より行われ、『オルタネート』(新潮社)で第42回吉川英治文学新人賞を受賞した加藤シゲアキさんも登壇。受賞の喜びや今後の抱負を述べました。

 加藤さんといえば、2012年1月に『ピンクとグレー』(KADOKAWA)で、小説の世界に鮮烈なデビューを果たすと、以降、「NEWS」のメンバーとしての芸能活動の傍ら、作家としても活動を続け、数々の話題作を世に送り出してきました。

そんな加藤さんの3年ぶりの新作長編となった『オルタネート』は刊行直後から話題を呼び、発売から5日目にして緊急重版。そして昨年12月18日、本作が第164回直木賞にノミネートされたことが発表されると、あらゆるメディアからの取材が殺到し、1月5日(火)に累計10万部(5刷)のベストセラーを記録。そして、1月21日には「本屋大賞」初ノミネートの報も飛び込むなど、怒濤の快進撃を続け、現在までに累計17万8000部(11刷)を記録しています。

『オルタネート』特設サイトでは、今回特別に加藤さんの「受賞のことば」を掲載しました。

(C)新潮社(C)新潮社


https://www.shinchosha.co.jp/alternate/

※  「受賞のことば」は令和二年度・三年度 吉川英治賞贈呈式要項より、講談社提供。また、同文章は「小説現代5.6月合併号」(4/22発売)にも掲載予定です

 第42回吉川英治文学新人賞は2020年1月1日から12月31日までに、新聞、雑誌、単行本等で優秀な小説を発表した作家の中から、最も将来性のある新人作家に贈呈される賞で、過去には和田竜『村上海賊の娘』(第35回)、辻村深月『ツナグ』(第32回)、柳広司『ジョーカー・ゲーム』(第30回) 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(第28回)など、数々の話題作が受賞しています。アイドルがノミネート、そして受賞するのは、賞の創設以降、初めてのことです。

 
【「オルタネート」あらすじ】
誰しもが恋い焦がれた青春の普遍を、真っ向から描き切る。
加藤シゲアキ、これが新たな代表作。
高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、若者たちの運命が、鮮やかに加速していく。
全国配信の料理コンテストで巻き起こった〈悲劇〉の後遺症に思い悩む蓉(いるる)。母との軋轢により、〈絶対真実の愛〉を求め続ける「オルタネート」信奉者の凪津(なづ)。高校を中退し、〈亡霊の街〉から逃れるように、音楽家の集うシェアハウスへと潜り込んだ尚志(なおし)。恋とは、友情とは、家族とは。そして、人と“繋がる"とは何か。デジタルな世界と未分化な感情が織りなす物語の果てに、三人を待ち受ける未来とは一体――。
“あの頃"の煌めき、そして新たな旅立ちを端正かつエモーショナルな筆致で紡ぐ、新時代の青春小説。

 【加藤シゲアキ】(かとう しげあき)
1987年生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。NEWS のメンバーとして活動しながら、2012年1月に『ピンクとグレー』で作家デビュー。以降『閃光スクランブル』、『Burn.-バーン-』、『傘をもたない蟻たちは』、『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』 とヒット作を生み出し続け、2020年3月には初のエッセイ集『できることならスティードで』を刊行。アイドルと作家の両立が話題を呼んでいる。

 

 

 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 加藤シゲアキ『オルタネート』祝 第42回「吉川英治文学新人賞」受賞!HPに「受賞のことば」を掲載しました。