体罰によらない子育てを社会全体で広げるために―著名人・有識者によるメッセージSNSキャンペーン開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

 

子ども支援の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎/専務理事・事務局長:三好集、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、親による体罰禁止を盛り込んだ改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が、本日、4月1日から施行されるのにあわせて、体罰によらない子育てを社会全体で広げていくために、スポーツや芸術、学術界など各界で活躍する著名人や有識者の皆さんから届いた、たたかない、怒鳴らないポジティブな子育てに向けたメッセージを、団体の公式SNSを通して発信するキャンペーンを開始します。


<キャンペーン概要>
  • 期間:2020年4月1日~5月中旬頃までを予定。※各界の著名人・有識者の方々からのメッセージは、4月2日から原則、平日に1メッセージずつご紹介していきます。
  • 投稿先:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの公式Facebook(@SCJ.SavetheChildrenJapan)、Twitter(@scjapan)、Instagram(@savethechildren_japan)アカウント。投稿後のメッセージは、専用サイトでもご覧いただけます https://www.savechildren.or.jp/lp/phpmessage/

セーブ・ザ・チルドレンは、今後も、さまざまな機会を通して、すべての子どもが暴力から守られ、安心・安全な養育環境で成長できる社会の実現を目指し、社会啓発や政策提言を行っていきます。セーブ・ザ・チルドレンの子ども虐待の予防事業についてはこちら> https://www.savechildren.or.jp/japan/php/

体罰やしつけに関するさまざまな情報をまとめた特設サイト『どうなる?子どもへの体罰禁止とこれからの社会』はこちら> http://www.savechildren.or.jp/lp/banningphphub/

<セーブ・ザ・チルドレン概要>
セーブ・ザ・チルドレンは、生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」が実現された世界を目指して活動する国際NGOです。1919年にイギリスで創設され、現在、世界120ヶ国で子ども支援活動を行っています。日本では1986年にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが設立され、国内外で活動を展開しています。
https://www.savechildren.or.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 体罰によらない子育てを社会全体で広げるために―著名人・有識者によるメッセージSNSキャンペーン開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン