Gapオリジナルの「ぬりえ」& 90年代にGapストアで流していた音楽が「Playlists」に!『Stay Home!』 Gapが提案するおうち時間の過ごし方

「おうちでぬりえをたのしもう!」 詳細・ダウンロードURL: http://gapnews.jp/news/115

1969年にアメリカ・サンフランシスコでデニムをメインに扱うセレクトショップとして創業して以来、世界的なカジュアルファッションブランドとして、常にモダンなアメリカン・カジュアルを提案し続けるGapは、おうち時間を楽しく過ごしていただけるよう、「おうちでぬりえをたのしもう!」と「Gap Playlists」を提案いたします。

「おうちでぬりえをたのしもう!」は、「NO RAIN, NO RAINBOW(雨が降るから 虹が出る)」のメッセージを込めて、お子さまがおうち時間を少しでも楽しんでいただけるよう作りました。ぬり絵は、虹やbabyGapの人気キャラクターである「ブラナンベア」を用いた可愛らしいデザインとなっています。プリントアウトをして色鉛筆やクレヨンでお楽しみいただけるほか、タブレットなどでデジタルぬり絵としてもお家で遊んでいただけます。また、完成したぬり絵には、ご自宅の窓に貼ったり、インスタグラムでシェア※したりと、お子さまたちの個性溢れるぬり絵が、虹のように笑顔と笑顔の架け橋になりますように、という想いを込めています。

ぬり絵のダウンロードはこちら:http://gapnews.jp/news/115
※タグ:@gapkids_jp 、ハッシュタグ:#NoRainNoRainbow, #雨が降るから虹が出る

さらに、1990年代から2000年代にGapストアで実際に流していた音楽を集めた 「Gap Playlists」も公開しています。 デニムとレコードから始まったGapは、全世界のストアで流れている選曲が音楽好きの間で話題になることも。1992年から15年に渡りGapで働いていたMichael Bise氏(@gapplaylists)が、皆様に音楽を楽しんでもらえるようにプレイリストを再現しました。プレイリストはGap公式インスタグラム(@gap_jp)のハイライトからお楽しみいただけます。毎日おうちで過ごす時間をクリエイティブに、そしてポジティブになれるプレイリストをGapからお届します。

お家で過ごす時間が多くなりますが、皆さまの「おうち時間」を少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
Stay Home! Be Safe.


■ Gapコロナ対策について
新型コロナウィルスの感染防止策としての弊社の対応、および取り組みにつきまして詳しくは以下をご覧くださいませ。
http://gapnews.jp/news/94

■ Gapについて
Gapは世界で最もアイコニックなアパレル、アクセサリーブランドであり、アメリカンカジュアルスタイルブランドのオーソリティです。1969年、サンフランシスコで生まれたGapのコレクションは、全てのデニム、クラシックなオックスフォードシャツ、カーキ、そして必須のトレンドアイテムまで幅広く展開し、モダンなワードローブの基礎を築くためにデザインされています。1987年、ロンドンを皮切りに海外進出を開始して以来、Gapはオンラインおよび直営とフランチャイズ合わせておよそ1,600の世界中のストアでカスタマーと関わり続けています。Gapではウィメンズ、メンズのアパレルとアクセサリー、GapKids、babyGap、GapMaternity、Love by Gap、GapFitといったコレクションを展開しています。Gapブランドはまた、Gap OutletとGap Factory Storeのために特別にデザインされたコレクションを価格重視のカスタマーに向けて提供しています。Gap Inc.はGap、Banana Republic、Old Navy、Athleta、Intermix、Janie and Jack、Hill Cityを傘下に持つ世界有数の専門小売企業、Gap Inc. (NYSE: GPS)の社名を冠したブランドです。詳しくは、www.gapinc.com をご覧ください。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギャップジャパン株式会社 >
  3. Gapオリジナルの「ぬりえ」& 90年代にGapストアで流していた音楽が「Playlists」に!『Stay Home!』 Gapが提案するおうち時間の過ごし方