ハーマンインターナショナル 都内3か所のオフィスを統合

コンシューマー向け製品、プロ用製品、カーオーディオ、コネクテッド・テクノロジーを一ヵ所に

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、社長:トム・メッツガー)は、日本市場への継続的な投資とコミットメントの一環として、及び今後のビジネス戦略を鑑み、都内3か所に点在していたオフィスを統合する事を発表しました。新オフィスでの業務は2020年2月10日からの予定です。
2019年9月に、お客様へのサポートの一層の充実を目指して群馬県太田市のオフィスを拡充したことに続き、今回都内三か所(中央区京橋、千代田区外神田、台東区秋葉原)のオフィスを千代田区神田練塀町のオフィスに集約します。ワンフロア吹き抜けの環境の中、部門間のコミュニケーションをよりスムースで密度の高いものにし、各事業分野で日本市場での更なる展開を目指します。
ハーマンインターナショナルは、今後も日本市場に対して人材や研究開発、スポンサーシップなども含めた様々な投資を積極的に行ってまいります。

<ハーマンインターナショナル株式会社 新東京オフィス概要>
住所:東京都千代田区神田練塀町300番地 住友不動産秋葉原駅前ビル 14階・15階
代表電話番号:03-5256-3300
新オフィスでの業務開始日:2020年2月10日

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG®、Harman Kardon®、Infinity®、JBL®、 Lexicon®、Mark Levinson®、Revel®を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハーマンインターナショナル株式会社 >
  3. ハーマンインターナショナル 都内3か所のオフィスを統合