エイプリルフール関連

世界初の地下テーマパーク『チカリゾートハワイアンズ』2066年1月開業予定

実は55年前から計画!世界初の地下テーマパーク

常磐興産株式会社が運営するスパリゾートハワイアンズは、敷地内の地下800mに世界最大規模のテーマパーク『チカリゾートハワイアンズ』を、創業100年目となる2066年1月に開業します。
  スパリゾートハワイアンズの前身は、本州最大の炭鉱であった常磐炭礦ですが、エネルギーの主役が石炭から石油に変わり石炭産業が衰退したことで、業態変更を決意。地下から湧き出る豊富な常磐湯本の温泉水を活用し、「夢の島ハワイ」をイメージした日本初のテーマパーク「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾートハワイアンズ)を、1966年1月に開業しました。



  チカリゾートハワイアンズは、常磐ハワイアンセンターの開業と並行して計画されたもので、「炭鉱の火を残したい」という従業員の思いを集約し、「炭鉱(たんこう)」と「観光(かんこう)」という当社の歴史の二大要素を掛け合わせた、世界初の地下テーマパークです。



 地下の開発は、炭砿事業で培ったノウハウを活かし、この55年間、秘密裏に続けてきました。ようやくメドがたった今年、本計画を発表させていただく運びとなりました。

ハワイアンズ地下調査の様子ハワイアンズ地下調査の様子

本計画の概要をご説明した動画を、4月1日(木)9時から公式YouTubeにて配信いたします。
https://www.youtube.com/user/srhstaff/videos

 

 

 施設は、今もなお残る常磐炭礦の坑内の跡地を活用。地下800m、総面積は福島県いわき市の総面積と同じ広さの1,232km²。世界最大規模の広さ、そして地下という、誰も体験したことがない未知の世界をお楽しみいただける、ワンダーランドです。

 チカリゾートハワイアンズ100年構想、今後の展開にぜひご期待ください。
 
  • 概要 

 

 (1)建築概要
・建設予定地:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
       (スパリゾートハワイアンズ敷地内、地下800m)
・総面積  :1,232km²(福島県いわき市の総面積と同じ)
・建物概要 :プール・温泉施設、宿泊施設ほか

(2)開業日
・2066年1月(予定)

(3)総工費
・後日公表(予定)

 
  • 4/1はエイプリルフールです。
最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。

こちらは、エイプリルフール企画となっており、実際に『チカリゾートハワイアンズ』は開業いたしませんので、あらかじめご了承いただければ幸いです。

今日は、エイプリルフールです。昨年4月、株式会社PR TIMES様が、エイプリルフールはウソではなく“夢”を発信し、みんなが楽しくなれる「エイプリルフールドリーム」プロジェクトを提唱し、多くの企業がご参加され、今年もプロジェクトが実施されます。

『チカリゾートハワイアンズ』は,完全には解明されていない未知の空間である地下に、ひとつの夢物語ですが「地下空間の創造」を考え,コロナ禍の今、“夢”を語りながら、少しでも前を向くきっかけになってもらいたいと願い発信したものです。

なお、スパリゾートハワイアンズでは、お客様と関係者の健康と安全を最優先に、政府対策本部が公表している「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準じることに加え、徹底した衛生対策を講じ営業しております。今後も、新しい生活様式に合わせ、「新しい時代の、新しいハワイアンズ」としてご来場いただくお客様に「安心・安全な場所」を提供し、お客様の笑顔と共に進んでまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 常磐興産株式会社 >
  3. 世界初の地下テーマパーク『チカリゾートハワイアンズ』2066年1月開業予定