【新開発】知る人ぞ知る高級鞄ブランドが、キャッシュレス時代に大人が持ちたくなる“男前”ネックポーチを新開発!

「育てる楽しさ」をテーマに大人にこそ持ってほしいネックポーチ!2022年6月28日(火)より藤巻流クラウドファンディング「STUNNING JAPAN」にてプロジェクトを実施!

「日本」をテーマにした珠玉の逸品に出会える『藤巻百貨店』を運営する株式会社caramo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村亮)は、日本の職人・クリエイターとの新価値共創を目的としたクラウドファンディング「STUNNING JAPAN」において、株式会社曽我部(本社:大阪市平野区西脇3-5-7、代表者:曽我部 孝徳)による新プロジェクト「ネックポーチ」を2022年6月28日(火)より開始いたしました。

▼[PROJECT]【BALZO】ネックポーチ
https://fujimaki-select.com/item/812_0001qx.html
  • 「【BALZO】ネックポーチ」プロジェクトの背景
商業の中心として知られる大阪。実は大阪は「鞄職人の街」としても130年の歴史を持っているのです。
同地でOEM歴70年を誇り、確かな技術力で国内のみならず海外のハイブランドからも信頼を寄せるメーカーが「株式会社曽我部」です。
そんな「株式会社曽我部」から生まれた、鞄業界では珍しいデザインから検品まで工場一貫型によるファクトリーブランドが「BALZO」です。

キャッシュレス時代が進み、持ち物がどんどんミニマム化していく中注目され始めているのは、必要最低限だけ持ち運べる「ネックポーチ」。
しかし、大人が持つにはどこか若すぎたり、服装を選ぶようなデザインだったり、どれが良いのかわからないという人も少なくないはず。そこで、どんな人も持ちやすく、『育てるを楽しむ!』大人にこそ持ってほしい長く愛用できるネックポーチが開発されました。どうぞご支援ください!
 
  • ココがすごい!「【BALZO】ネックポーチ」商品特徴
■惚れ惚れする“経年変化”!


長く愛用してほしい。その想いから、今までに使用したことのない革に挑戦。
イタリアにて1000年以上伝わる古来のなめし技法“バケッタ製法”により生まれた「ミネルバボックス」を使用。大胆な経年変化が楽しめるこの革は、使うほどに「艶」が増し、使い込み方によって変わる自分だけの鞄を楽しむことができます。

■「必需品別収納ポケット」で脱ごちゃごちゃ!

 


長く楽しめる「経年変化」を楽しんでほしいのはもちろんですが、鞄としての機能性も抜群。交通系カードがピッタリ入るポケットに、携帯用ポケット、お財布機能をもったポケットなど。それぞれに収納ポケットがついているから使いたい時に使いたいものをすぐに取り出せて、ごちゃごちゃ防止!

 ■好きな色が見つかる!豊富な6色のカラーリング!

豊富な6色のカラーリング!それぞれどんどん濃く、深くなっていく経年変化。使うたび、唯一無二の質感が楽しめるところもポイント!
  • 使用イメージ
Tシャツスタイルはもちろん、ジャケットスタイルにも◎!
持ち方も色々。持つだけで“男前”に決まります。

  • リターン品について
【BALZO】ネックポーチ 全6色


【BALZO】ネックポーチ ネイビー
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料







 


【BALZO】ネックポーチ キャメル
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料






 


【BALZO】ネックポーチ レッド
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料






 


【BALZO】ネックポーチ ターコイズブルー
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料







 


【BALZO】ネックポーチ グリーン
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料







 


【BALZO】ネックポーチ ブラック
19,800円(税込)

10月下旬出荷開始予定
【特典】送料無料



 
  • 「株式会社曽我部」について

1951年創業以来、大阪府にて鞄を作り続けているメーカー。創業当時よりOEMの製造を続けて、現在はOEMを続けつつ、バッグを企画し、自社工房で生産する工房一貫型ブランド「BALZO」を立ち上げている。
BALZOは業界内でもめずらしい「自社で企画し、自社の工房で製造できる」ブランドです。工房一貫型にこだわる意味、それはクオリティコントロール。革の選定から始まり、裁断、縫製、検品にいたるまですべて自社でおこなうことにより高いレベルでの品質管理が可能となっている。
約70年鞄を作り続けてきた信頼と実績があるバッグメーカーだからこそ実現できる「高品質でスマートな鞄」を提案している。

社名:株式会社 曽我部
所在地:大阪市平野区西脇3-5-7
代表者:曽我部 孝徳
 
  • 日本の一流職人・クリエイターの新商品開発を支援する購入型クラウドファンディング「STUNNING JAPAN 」(スタニングジャパン)について

https://fujimaki-select.com/category/CFTOP
「日本」をテーマにした珠玉の逸品のみを扱うセレクトショップ「藤巻百貨店」が展開する、日本の職人・クリエイターとの新価値共創を目的とした購入型クラウドファンディング・プラットフォーム。
多くの職人・クリエイターは、投資時間やコスト面でのリスクがあることから、新商品の開発に消極的であり高い技術やアイデアを活かせない状態にあります。また、クラウドファンディングの活用では、既存プラットフォームのプロジェクト数の多さなどから埋もれる・ブランディング上の課題がある、といった点で積極的な取り組みができないという現実があります。STUNNING JAPANでは、藤巻百貨店で培ってきた「価値魅力訴求型」の手法を活用して、もっと新商品開発に取り組みやすいプラットフォームを展開し、日本の一流の職人・クリエイターを支援してまいります。
 
  • 藤巻百貨店(フジマキヒャッカテン)

https://fujimaki-select.com
株式会社caramo(本社東京都渋⾕区 / 代表取締役社⻑ 中村亮)が運営。
伊勢丹の名物バイヤーとして知られていた故・藤巻幸⼤(ふじまきゆきお / 1960-2 014)のプロデュースにより、“⽇本をテーマにしたこだわりの逸品のみを届けるE Cサイト”として2012年5⽉にオープン。取り扱う商品は、⾼いデザイン性と使い 勝⼿の良さを両⽴した「あっと驚く」オリジナリティ溢れる逸品。優れた職⼈やク リエイターなど取引先は400社を超え、厳選された⽇本の商品のみを扱うECサイト としては、⽇本最⼤級規模。 主な顧客層は、「モノ」に対して関⼼が⾼く⽇々の暮らしにちょっとした豊かさを 求める30代後半〜50代の男⼥。現在Facebook会員は約24万⼈、メルマガ会員は約 10万⼈となり、多くのファンに愛されている。2016年3⽉には初の実店舗を銀座( 東急プラザ銀座B1F/ 東京都中央区銀座5-2-1)にオープン。 2021年8⽉には、⽇本の職⼈・クリエイターとの新価値共創を⽬的とした購⼊型ク ラウドファンディングサービス「STUNNING JAPAN」を開設した。
※取引先数・会員数は、2022年3⽉現在のもの
 
  • 株式会社caramo(カブシキガイシャカラモ)

https://www.caramo.jp
「藤巻百貨店」の運営会社。代表取締役社⻑である中村亮は、故・藤巻幸⼤⽒と共 に藤巻百貨店を⼆⼈三脚で⽴ち上げた。「⽇々の暮らしにちょっとした豊かさを」 をビジョンに掲げ、お客様の「新しい満⾜と価値」を創出するしていく。
社名は「 お客様からも、職⼈さんたちからも、世界中からも愛される会社を⽬指す」という ⾃⾝のあり⽅から由来し、顧客満⾜度の⾼いサービス創りを⽬指して進化し続けていく。

社名: 株式会社caramo
所在地: 東京都渋⾕区渋⾕3-25-18
代表取締役社⻑: 中村 亮 資本⾦: 1,000万円











 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 caramo >
  3. 【新開発】知る人ぞ知る高級鞄ブランドが、キャッシュレス時代に大人が持ちたくなる“男前”ネックポーチを新開発!