「Unity 認定資格」が大幅にリニューアル。プログラマー志向、アーティスト志向に分かれ、開発者のスキルがより図りやすく

全資格はオンラインでも全資格受験可能に

リアルタイム3Dプラットフォームで世界をリードするユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:堀田徹哉、以下 当社)が提供するUnity 認定資格がリニューアルされました。今回のリニューアルでは、認定アソシエイトには従来のアソシエイト改めゲーム開発者のほかに、プログラマー及びアーティストが追加されました。受験者自身がプログラマー志向なのかアーティスト志向なのかを検討・選択して、エキスパート以降もプロフェッショナルやエキスパートに学びのステップアップをはかりながら認定資格取得ができるようになっています。また、ピアソンVUEを通じて全科目がオンラインでご自宅でも受験できるようになりました。これによって、場所・時間に左右されず、認定資格を受験していただくことができます。
 

■Unity 認定資格
https://unity.com/ja/products/unity-certifications

■ピアソンVUE受験ページ
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/Unity-Certification.aspx

 

Unity 認定資格は、ゲーム、VR、映画、自動車、その他 Unity のタレントを求める多くの業界でのキャリア構築に役立ちます。あなたがプログラマーでもアーティストでも、初心者でもエキスパートでも、他者より抜きん出るために役立つ認定資格を Unity は提供しています。現在受けられる認定資格は下記となります。

 

・学生を含む中等教育以降および意欲的なプロフェッショナル向けの「アソシエイト」
ー認定アソシエイト:ゲーム開発者
ー認定アソシエイト:プログラマー
ー認定アソシエイト:アーティスト
・2 年から 4 年の Unity 関連の職務経験を持つ経験者向けの「プロフェッショナル」を取得することは、Unity認定インストラクター(UCI)を目指す技術レベル認定の証です。
ー認定プロフェッショナル:プログラマー
ー認定プロフェッショナル:アーティスト
・5 年以上の Unity 関連の職務経験を持つ最上級の「エキスパート」は、いいレギュラーな対応を求められるシチュエーションでも、柔軟に立ち回れるスキルレベルを認定します。
ー認定エキスパート:プログラマー
ー認定エキスパート:シェーディングとエフェクトのテクニカルアーティスト
ー認定エキスパート:リギングとアニメーションのテクニカルアーティスト

■Unity認定資格取得者が受験をした感想
Unity認定プログラマー試験に合格し、認定インストラクターとなった、本山友太 先生 (日本工学院八王子専門学校ゲームクリエイター科 教師)に認定試験を受験した際の感想をお伺いしました。

「プロフェッショナル」以上の試験を有する資格者は、Unity公認の「認定インストラクター」となることができます。やはり各種学校の先生方は、認定試験に合格しておくと、Unityがある程度使えることの証明になるので良いのではないでしょうか。また、ゲーム業界を目指す学生の方も、腕に自信のある方はチャレンジしてみると良いと思います。「認定プロフェッショナル」はプロ向けの試験であるため、学生にはやや難しいですが、だからこそ合格できれば、有力なアピール材料となるでしょう。「認定アソシエイト」は、Unityでゲームを何本か作ったことがあれば学生でも合格できるでしょう。Unityの機能を一通り扱えることの証明となります。(本山先生)

■全インタビュー文はこちら
https://education.unity3d.jp/case/programmerm/


Unity 認定資格取得については、さまざまな業界の企業人事部門からも「新卒、キャリア選考の際に客観的に評価できる指標の1つとして、参考にさせて頂きたい」とご意見を頂いています。先生も学生もぜひUnity認定資格の取得を目指すことをご検討ください。

 

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、リアルタイム3D(RT3D)コンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2020年で月50億回以上ダウンロードされました。


※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 >
  3. 「Unity 認定資格」が大幅にリニューアル。プログラマー志向、アーティスト志向に分かれ、開発者のスキルがより図りやすく