プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社 山田養蜂場
会社概要

1万本の植樹を実施、参加者を募集7/1(土)鏡野町で山田養蜂場が開催

植物本来の生命力を高め、短期間で森林を再生する「宮脇式植樹」を採用

株式会社 山田養蜂場

株式会社山田養蜂場(本社:岡山県苫田郡鏡野町、代表:山田英生)は、地球環境について考え、SDGsに貢献できる機会の提供として、7月1日(土)に「第7回 山田養蜂場 宮脇式植樹祭」を開催いたします。この植樹祭の参加者を先着300人限定で募集いたします。

■山田養蜂場の植樹活動について

受粉を助けるハチがいなくなると、野菜や果物の7割が消えてしまうといわれるほど、ハチは自然環境に大きな影響を与えています。養蜂業は豊かな自然環境がなければ成り立ちません。持続可能な事業活動を行い、豊かな自然環境を次代に残していくことが私たちの使命です。

当社は1999年から植樹活動を行っており、これまでに国内やネパール、中国などで222万本以上の木を植えてきました。今後も植樹活動を続け、本物の森づくりに貢献してまいります。


■植樹祭概要

申し込み方法:Webの応募フォームもしくはTEL(0868-54-2666)にて、参加者氏名、住所、連絡先、年齢をご連絡のうえ、お申込みください。参加費は無料です。

開催日時:2023年7月1日(土) 8:30~10:00 ※小雨決行

受付時間:7:30~8:15

開催場所:岡山県苫田郡鏡野町市場194

※熱中症対策をしたうえで、汚れてもよい服装でお越しください。


応募フォームQRコード

過去の植樹祭の様子

■「宮脇式植樹」とは

世界的に高く評価されている植物生態学者の故・宮脇昭氏が提唱した「その土地本来の植生に基づき、さまざまな樹種を混ぜながら密植することで、自然環境を回復し、人々の命を守る、本物の森をつくる」植樹方法のことです。宮脇氏に師事し、宮脇式植樹の第一人者である横浜国立大学の藤原一檜名誉教授が、植樹祭に参加されます。


■プロフィール

故・宮脇 昭(みやわき あきら)

1928年-2021年。岡山県出身。横浜国立大学名誉教授、(財)地球環境戦略研究機関 国際生態学名誉センター長を歴任。ドイツ国立植生図研究所で潜在自然植生理論を学び、世界を舞台に国内外1,700ヶ所以上に、合計4,000万本を超える植樹を行った。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://www.3838.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社 山田養蜂場

10フォロワー

RSS
URL
https://www.3838.com/
業種
水産・農林業
本社所在地
岡山県苫田郡鏡野町市場194
電話番号
0868-54-1971
代表者名
山田英生
上場
未上場
資本金
1億円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード