「ニューズ・オプエド」新型コロナウィルス等の報道について

◎『ニューズ・オプエド』新型コロナウィルスの報道について

「コロナウィルス等の報道素材の使用について」人道と報道の見地から以下のようにルールを定めました。
(311報道に準ずる)。

1、武漢を中心とする中国国内のブロガーやYOUTUBERなどの映像は、明らかなフェイクだと確認できないもの以外は使用する。ただし、常時クレジットを付けて放送に使う。

2、撮影者にアクセスできる場合は撮影日時や場所などの詳細、あるいは雑感やコメントをもらったうえで、放送する。撮影者がすでに行方不明などで、アクセスのできない場合は、可能な限り詳細なクレジットを付けて放送に使う。

3、のちに映像使用等で請求がなされた場合でも、当社は規定の使用料を払う。報道目的の場合は免責されることが多い。弊社および「ニューズ・オプエド」はサミット参加などで世界的に報道機関として認められている。

4、つねにリテラシーを働かせ、健全な懐疑の精神を保ち続けること。

5、誤報と判明した場合は、速やかにコレクションで訂正すること。ミスは侵すもの。しかし、最大のミスはミスを恐れて何もしないこと。無謬主義を排し、メディアの責任を全することを目指す。

6、中国国内のソースについては、撮影者の命を守ることを優先に。しかし、その一方で、彼らが命懸けで撮影した素材をできるだけ使い、世界に広めることを手伝うのも大切。状況が落ち着いたら、映像使用料を彼らに払う。真のジャーナリストとは、中国の撮影者のような勇気を持った一般の人を指すと認識する。以上。

 

                                           2020年2月18日
                                 コロナウィルス特別編集委員 井沢元彦
                                 ニューズ・オプエド編集主幹 蟹瀬誠一
                                 NNT編集長         原野城治
                                  NOBORDER社主       上杉隆
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NOBORDER >
  3. 「ニューズ・オプエド」新型コロナウィルス等の報道について