人工知能キュレーションの『AINOW』、2016年上半期のキーワードランキングを発表

「Watson」「自動運転」「機械学習」が注目ワードに

 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下ディップ)は、2016年上半期(2016年1月~2016年6月)の人工知能ニュースの集計ランキングを公開しました。本調査は、自社で運営する人工知能キュレーションメディアの『AINOW(アイノウ)』(http://ainow.ai/)に掲載されたデータを元に集計したものです。
【上半期 キーワードランキング】 1 位はIBM の「Watson」
 『AINOW』に掲載された人工知能に関するニュース記事をキーワード別に分類し上半期ランキングを集計したところIBM の「Watson」に関する記事が最も多く、次いで自動車の人工知能を用いた「自動運転」に関する記事が多く掲載されている結果となりました。※詳細は『AINOW』のサイト内に掲載しています。(http://ainow.ai/2016report01/

 

【6 月 キーワードランキング】 「ロボット」の活用が話題に
 『AINOW』に6月度掲載されたニュース記事をキーワード別に集計した結果、「ロボット」や「仕事」「IoT」などWeb サービス以外で人工知能を活用した内容の記事が多くみられました。

 

【月別ニュース記事掲載数】 グーグル社関連の記事件数が全体を牽引
 2016年上半期のニュース記事掲載数を月別に集計すると、5月度が最も多く、次いで3月度という結果になりました。各月のトピックスを見ていくと、3月度は英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」が、韓国の囲碁棋士李セドル氏(九段)に勝利した事が話題となり、5月度はグーグルのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O」で発表された内容が話題となり、件数増加の要因となりました。

 

◆ AI 関連のニュースだけを1 万件以上掲載するキュレーションメディア『AINOW(アイノウ)』
 『AINOW(アイノウ)』(http://ainow.ai/)は、AI関連のニュースだけを1万件以上掲載する日本初のキュレーションメディアです。

『AINOW(アイノウ)』の特徴
  1.  日本初のAI専門メディア
    今までなかったAIに関する記事だけをテーマに取り扱う専門メディアです。
  2.  情報掲載数は1万件以上!日本国内のAIに関する最新ニュースをAIが収集
    国内のWebサイトからAIに関する情報を収集、AIに関する情報収集は『AINOW』で完結できるサービスを目指します。
  3.  記事をユーザーが評価、探す必要なく役立つ情報が見つかる
    ユーザーが役立つと評価した情報が分かるので、効率よく情報収集することができます。

 

※当ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

◇◆◇企業概要◇◆◇
【ディップ株式会社 概要】

 ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、人材派遣求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2016年2月期売上高267億円。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ディップ >
  3. 人工知能キュレーションの『AINOW』、2016年上半期のキーワードランキングを発表