共同声明 新型コロナウイルス感染症による影響から子どもの権利を守るためのODAの拡充を

子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン、プラン・インターナショナル、ワールド・ビジョンは、新型コロナウイルス感染症による影響から子どもの権利を守るため日本政府に対して、政府開発援助(ODA)の拡充を求める共同声明を発表しました。共同声明では、次の6点を政府に対して訴えています。
  •  4月以降予定されている大型補正予算等において、ODA等による国際支援を拡充してください。すでに行われている支援が必要以上に削減されることなく継続できるよう、新規の資金拠出をお願いいたします。
  • グローバルレベルの基金(Global Humanitarian Response Plan等)への積極的な貢献を行ってください。また、こうした国際的なイニシアティブの計画から実施に至るまでのあらゆる過程に市民社会が参画できるよう、働きかけてください。
  • 特に子どもたちの命・生活に重要な生計支援、保健・栄養、教育、ジェンダー、子どもに対するあらゆる暴力からの保護等の分野への支援に重点を置いてください。とりわけ、脆弱な立場におかれやすい貧困層の子ども、難民・国内避難民の子どもや紛争地域に住む子ども、女の子、障害のある子ども、少数民族の子ども、セクシュアル・マイノリティの子どもなどの権利が守られるよう配慮してください。
  • 二国間および多国間を経由する支援に加え、地域に根差し、最も手の届きにくい人々に直接緊急支援を行っている国内外のNGOへの支援を拡充してください。
  • 既存のODA事業においても、パンデミック対応のために予算を柔軟に転用できるよう、配慮をしてください。
  • 国連事務総長より、COVID-19という地球規模の課題解決のため紛争当事者に対し即座の停戦の呼びかけがなされているところですが、この呼びかけを積極的に支持し、紛争当時国・当事者に可能な限りの働きかけを行ってください。
■【子ども支援の国際NGOからの提言】新型コロナウイルス感染症による影響から子どもの権利を守るためのODAの拡充を https://www.savechildren.or.jp/scjcms/dat/img/blog/3221/1586220883774.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 共同声明 新型コロナウイルス感染症による影響から子どもの権利を守るためのODAの拡充を