メットライフ生命、保険料の決済サービスに「LINE Pay」導入

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 エリック・クラフェイン)は、2019年11月1日から、保険料の決済において、LINE Pay株式会社が提供する「LINE Pay 請求書支払い*1」サービスを導入しますのでお知らせします。

新しい保険料支払いへ向けた第一歩として、お客さまからご要望の高いキャッシュレス決済のひとつであるLINE Payでの保険料支払いを導入するものです。これにより当社の保険にご加入のお客さまは、従来の郵便局やコンビニエンスストア(CSV)での払い込みに加え、場所や時間に制約されない「LINE Pay 請求書支払い」をお選びいただけるようになります*2。

 

【LINE Pay 請求書支払い】
LINEアプリ上での決済画面フロー(イメージ図)

お客さまは、当社から送付している郵便振込取扱票(以下、「郵振票」)に印字されているバーコードをお客さまのスマートフォン端末で読み込み、簡単なお手続きで保険料のお支払いが可能になります。
LINE Payでの入金上限額は49,999円となりますが、現在、当社で発送している郵振票のうち約98%が利用可能対象額であるため、本サービスの導入により多くのお客さまに簡単で便利な保険料決済の方法をご提供できるものです。

メットライフ生命は、お客さまのご要望を第一に考え、利便性の向上と価値のあるサービスを提供するために、今後もサービスの改善・拡充に努めてまいります。

*1. 「LINE Pay 請求書支払い」について
公共料金や通信販売などの請求書のバーコードをスマートフォンで読み込むだけでお支払いができます。
LINE Payの利用者は、新たなアプリのインストールが不要です
LINEウォレットから2タップで請求書のバーコードを読み取り、決済に進むことができます
LINEアプリを利用して、LINE Payにチャージした残高から払い込みいただきます
*2. ご利用可能な郵振票について
年払・半年払で第2回目以降の保険料の払込方法を「払込用紙を利用して払い込む場合」を選択されているお客さまへ送付している郵振票および新契約保険料支払用に発行される郵振票は対象外となります。

以上








 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メットライフ生命 >
  3. メットライフ生命、保険料の決済サービスに「LINE Pay」導入