豪州の山林火災に対する寄付について

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長 兼 社長CEO:田中正明)は2019年後半から発生している、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州とその南隣のビクトリア州での山林火災に対して、10万豪州ドル(約760万円)をオーストラリア赤十字社に寄付することを決定しました。

すでに、100%連結子会社であるDuluxGroup Limited社は、10万豪州ドルをオーストラリア赤十字社に寄付を実施しております。加えて、同社は、同社社員からの寄付を募るとともに、マッチング拠出を行い、10万豪州ドルを上限にオーストラリア赤十字社に、追加で寄付を実施する予定です。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ペイントホールディングス株式会社 >
  3. 豪州の山林火災に対する寄付について