第20回「女による女のためのR-18文学賞」受賞作が決定! 大賞、読者賞、友近賞の3冠達成の快挙!

(C)新潮社(C)新潮社

 この度、第20回「女による女のためのR-18文学賞」の受賞作が決定しました。応募総数は843作品です。

 募集原稿を「女性ならではの感性を生かした小説」と定め、応募は女性に限定。新潮社社内の女性編集者らによる一次~三次選考を通過後、三浦しをんさんと辻村深月さんが選考委員として、候補作品の中から大賞、読者賞を選出。また、タレントの友近さんにより、友近賞が選出されました。

 今回は、三人の選考委員からの評価がもっとも高く、また多くの読者からのコメントを集めた宮島未奈さん(応募時ペンネーム:宮島ムーさんから改名)の「ありがとう西武大津店」が大賞、読者賞、友近賞を受賞し、初の三冠に輝きました。

  受賞作、受賞のことば、ならびに選考委員による選評は、4月22日発売の「小説新潮」5月号に掲載されます。

 この文学賞は、窪美澄さん、彩瀬まるさん、一木けいさん、町田そのこさんら、数々の人気女性作家を世に送り出し、映画化作品も数多く、大変注目されています。

★「ありがとう西武大津店」あらすじ
中学生のわたし、島崎みゆきには、成瀬という少し変わった幼なじみがいる。成瀬は、「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」と、閉店が決まった西武大津店に毎日通い、ローカルテレビ局が夕方放送するカウントダウン中継に映る「思い出作り」を始める。島崎も巻き込まれていくが、最後の日、成瀬が店に行けなくなり……。

★受賞者プロフィール
宮島未奈(みやじまみな)
1983年静岡県富士市生まれ。京都大学文学部卒。滋賀県大津市在住。おすすめスポットは近江神宮と遊覧船ミシガン。

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 第20回「女による女のためのR-18文学賞」受賞作が決定! 大賞、読者賞、友近賞の3冠達成の快挙!