【イルサンジェー】4/9~30希少なスパークリングワインと爽やかなオレンジのチョコレートの絶妙な食べ合わせが限試食できる「マリアージュ・ドゥ・プランタン」がイルサンジェー東京ブティックにて限定開催中

【イルサンジェー】仏ジュラ地方の希少なスパークリングワイン「クレマン・ドゥ・ジュラ」と「オレンジ」のタブレットチョコレートの期間限定の特別マリアージュイベント。

イルサンジェーとは、職人が多く暮らす街、仏ジュラ地方アルボワにて116年4代直系で続いているショコラトリー。現4代目当主であるエドワール・イルサンジェーは、仏の人間国宝に値する「MOF」を当時史上最年少で受章。


全てのショコラは、人間国宝である彼自らが手作りしているため生産量が極わずかであり、手に入るのはアルボワ本店と東京ブティックの二箇所のみ、ということで有名。

「本当に良さがわかる人だけに販売する」という方針のため、東京ブティックは完全予約制。
一粒1,000円程の価格でも、予約が殺到しており、時期によっては全く予約が取れないことも多いという。


そのイルサンジェー東京ブティックでは、4月9日(土)から4月30日(土)まで、春季限定で、来店者に春のスパークリングワインと、オレンジのタブレットのマリアージュを愉しんでもらう「マリアージュ・ドゥ・プランタン」を開催している。通常ではジュラ地方の白ワインとシンプルなブラックチョコレートのマリアージュを楽しめる同店が、この時期だけ行う選びぬかれたスパークリングワインとオレンジのショコラのマリアージュだ。

<ショコラブティック イルサンジェー>

ワインの名産地仏ジュラ地方で生まれた高級ショコラブティック、イルサンジェーのショコラは、「白ワインとのマリアージュが楽しめるショコラ」がコンセプト。

 

イルサンジェーのショコラは、人間国宝である現当主エドワール・イルサンジェー自らがすべて手作りしており、生産数が極僅かなため、世界でもフランス本店と東京ブティックの2店舗だけでしか手に入らない「幻のショコラ」ともいわれている。

 

イルサンジェー東京ブティック店頭では、ショコラを購入するために来店したお客様に、ワインとショコラのマリアージュを試食で味わってもらい、美味しさを存分に体感していただいた上でショコラを販売している。

まわりを気にすることなく心ゆくまでゆったりとマリアージュを堪能してもらうため、完全予約制で1組に1時間をかけるこだわりようだ。そのため、最大でも1日に取れる予約は14組のみという驚きの顧客対応だ。

 

イルサンジェー東京ブティック店内では、マリアージュを堪能しながら、ショコラのセレクトができるイルサンジェー東京ブティック店内では、マリアージュを堪能しながら、ショコラのセレクトができる

 


< マリアージュ・ドゥ・プランタン ~スパークリングワインとオレンジのタブレットのマリアージュ~ >

そんなイルサンジェー東京ブティックでは、4月9日(土)から4月30日(土)まで、春季限定で、来店者に春のスパークリングワインと、オレンジのタブレットのマリアージュを愉しんでもらう「マリアージュ・ドゥ・プランタン」を実施している。

通常では白ワインとシンプルなブラックチョコレートのマリアージュを楽しめる同店が、この時期だけ行う、選びぬかれたスパークリングワインと、それに合わせたオレンジのタブレットチョコレートのマリアージュだ。


<希少なスパークリングワイン「クレマン・ドゥ・ジュラ」>
 

店頭で試飲提供しているワインは季節によって変えられているが、この春の季節のためにエドワール・イルサンジェーが選んだのは、「クレマン・ドゥ・ジュラ」という、スッキリとした飲み口のスパークリングワイン。


1920年にジュラ地方で創業したワイン生産者が、毎年少量しかつくらない非常に希少性の高いスパークリングワインだ。

豊かなジュラの自然の中で、極上のワインが創られる豊かなジュラの自然の中で、極上のワインが創られる

 

1929年に当主を継承した、イルサンジェー2代目当主の頃から付き合いがあり、現在もイルサンジェーに特別に提供されているもの。今回は東京ブティックのために特別に極少数譲り受けた形である。

1900年代前半のイルサンジェーアルボワ本店1900年代前半のイルサンジェーアルボワ本店

 

ブドウはシャルドネ100%で、クリーンで上品な酸味とほんのりとした海のニュアンスが、春の訪れと共に初夏の日差しも垣間見せてくれる。非常に飲み口の良いスパークリングワインだ。


<「オレンジ」のタブレットチョコレート>

「クレマン・ドゥ・ジュラ」にマリアージュさせるのは、東京ブティックで人気の高い、「オレンジ」のタブレット。

フレッシュなオレンジを細く切り、砂糖に漬けてオレンジピールにした後、タブレットの型にタップリと敷き詰めたら、独自配合したカカオ分66%のブラックチョコレートを流し入れて完成だ。

イルサンジェーのタブレットは、シンプルなブラックチョコレートのものから、人気のオレンジなど10種類イルサンジェーのタブレットは、シンプルなブラックチョコレートのものから、人気のオレンジなど10種類

 

 口に入れるたびに、程よいカカオの苦味とオレンジの香りが鼻孔をくすぐる人気の逸品で、
「食べだすと止まらない」という根強いファンも多い。


人気のオレンジのタブレットと、歴史あるジュラのワイン生産者が少量創るスパークリングワインのマリアージュ。だんだんと日差しが暖かくなり、春の陽気の中に夏の雰囲気が隠れているようなこの季節に良くあう組み合わせだ。

今季を逃すと希少なスパークリングワイン「クレマン・ドゥ・ジュラ」、と「オレンジ」のタブレットのマリアージュは体験できないかもしれない。そんな期間限定のイルサンジェー東京ブティックでのイベント、「マリアージュ・ドゥ・プランタン」は4/30(土)まで。


春季限定の「マリアージュ・ドゥ・プランタン」。この機会に、是非予約を入れ訪問してみてはどうだろうか。1日14名限定で、シャンパンを傾けながら、ゆっくり自分にあったショコラを選ぶ至高のひとときを過ごせるはずだ。

 



■マリアージュ・ドゥ・プランタン

日時: 4月9日(土)~4月30日(土)
場所: イルサンジェー東京ブティック店内
概要: 通常の白ワインとブラックチョコレートのマリアージュではなく、少量のみ生産された貴重なスパークリングワインとオレンジのタブレットとのマリアージュが楽しめる今季限定のイベント。

  ・スパークリングワイン 「クレマン・ドゥ・ジュラ」
  ・ショコラ 「オレンジのタブレット」

予約方法:イルサンジェーH.P(http://www.hirsinger.co.jp/)の予約フォームより受付。 
     ※1週間ごと、その2週間前の月曜日午前0時から受付開始。

 

イルサンジェー東京ブティック店内には、フランスアンティークに囲まれて、ワインとショコラのマリアージュが愉しめるイルサンジェー東京ブティック店内には、フランスアンティークに囲まれて、ワインとショコラのマリアージュが愉しめる



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【イルサンジェー東京ブティック公式サイト】
http://www.hirsinger.co.jp

イルサンジェー東京ブティックでマリアージュを体験し、「ワインとショコラはこんなに合うものなのか」と驚く客も多く、季節によって変わるワインとショコラの組み合わせを楽しみに、足繁く通う常連も多いという。
1日14組限定の完全予約制高級ショコラブティック。


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PACK ARTS株式会社 >
  3. 【イルサンジェー】4/9~30希少なスパークリングワインと爽やかなオレンジのチョコレートの絶妙な食べ合わせが限試食できる「マリアージュ・ドゥ・プランタン」がイルサンジェー東京ブティックにて限定開催中