アース製薬がWEリーグの 『INAC神戸レオネッサ』 とスポンサー契約を締結

 アース製薬株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:川端克宜、以下 「アース製薬」)は、WEリーグの『INAC神戸レオネッサ』を運営するアイナックフットボールクラブ株式会社と、スポンサー契約を締結いたしました。

コシノヒロコさん(ファッションデザイナー)デザインの『INAC神戸レオネッサ』新ユニフォーム  (左:ホームゲーム用、右:アウェーゲーム用)コシノヒロコさん(ファッションデザイナー)デザインの『INAC神戸レオネッサ』新ユニフォーム  (左:ホームゲーム用、右:アウェーゲーム用)

【スポンサー契約締結の背景】
 女子サッカー界の更なる飛躍を目指し常に新しいことに挑戦し続ける INAC神戸レオネッサを応援するために、この度スポンサー契約を締結いたしました。
 契約期間中は、INACオフィシャルユニフォームスポンサーとして、2021年から着用するINAC神戸レオネッサの公式ユニフォームの全面胸部分に、ホームゲーム用はモンダミンのロゴを、アウェーゲーム用にアース製薬のロゴを掲出いたします。
 また当社は所属選手とのコラボ企画やプロモーション活動を実施することで、青少年の健全育成や競技の普及促進などの社会貢献にも取り組んでまいります。

【「INAC神戸レオネッサのユニフォームコンセプトについて」 コシノヒロコさんのコメント】
 Play Around the Musicと題した春夏コレクションの図案をモチーフに、ユニフォームをデザインしました。楽器の持つ鋭い直線やエレガントな流線、そして優美なフォルムは、運動する身体の美しさにも通じるものだと思います。配色についてもアート性を意識しました。音楽を奏でるかのように、力強く、時に繊細に、フィールドを自在に駆け回っていただきたいと願います。

【INAC神戸レオネッサについて】
 『INAC』はInternational Athletic Clubの略で、『レオネッサ』は雌ライオンを意味し美しく力強さを表しています。
 アイナックは地元神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらには国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして、2001年4月に設立されました。2005年にLリーグに参入し1年で1部へ昇格。2010年に全日本女子サッカー選手権大会(現:皇后杯)にて初のタイトルを獲得し2011年に念願のリーグ初優勝。2020年に20年目のシーズンを迎えました。
 “神戸から世界へ”をコンセプトに世界で闘える選手の輩出、また女子サッカーのさらなる飛躍を目指し日々取り組みます。

【アース製薬株式会社について】
 当社の社名に掲げる「Earth(=地球)」には、人々の暮らしに役に立つ製品を世界中に広めていきたいという先人の思いが込められています。1892年の創業以来1世紀以上にわたり、人々の健康と快適な生活の実現に真摯に向き合い、高品質な製品を提供し続けることで、社会と共に成長を遂げてきました。当社は、『生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。We act to live in harmony with the Earth.』 の経営理念のもと、これからも世界中のより多くの人々の暮らしに寄り添い、さらに豊かで快適な生活を実現できるよう貢献してまいります。


【モンダミンについて】
 日本でまだ洗口液が一般的ではなかった1987年、モンダミンは「日本人が毎日使いたくなるような洗口液」をコンセプトに誕生しました。その思いは発売から30年が経った現在も変わらず、使用感にこだわり、様々な年代のお口の悩みに合わせた製品開発を行っています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アース製薬株式会社 >
  3. アース製薬がWEリーグの 『INAC神戸レオネッサ』 とスポンサー契約を締結