【ニコラハウス】フランス人である、料理研究家ニコラシャールが、日本全国の素材を使った料理・スイーツを作るプロジェクトがスタート。「日本の食文化を元気に!」~第1弾!栃木のニラを使ったギョウザ~

 

シュークリーム専門店「うさぎシュークリーム工場」と・うさ耳「ニコラシャールカフェ」・「ニコラフレンズ」可愛い雑貨屋さん・見た目可愛いけど、味はフランスの本格家庭料理「ニコラ食堂」の、合計4ショップが複合した施設「ニコラハウス」(パックアーツ株式会社 久々野智 小哲津(くくのち こてつ)プロデュース渋谷区神宮前4-26-5 1・2階)

 


フランス人料理研究家ニコラシャールは、15年前に来日。
フランスでは1つ星レストランで働いた経歴を持ち、
最近では、NHKの料理テレビ番組やラジオ番組で、料理研究家としても活躍中。

 

 

〜「日本の食文化を元気に!」プロジェクト〜
 

 

フランス出身の料理研究家ニコラシャール。彼の故郷フランスのリヨンは美食の街ということもあり、食を大事にする文化が彼の中にも幼い時から育まれています。
また日本を愛するニコラは、日本食もとても大事にしており、特に日本の各地方のそれぞれの食材を使った昔からの食文化を大事にしていき、またそれを若い世代にも伝えていきたいと強く思っているのです。


さらに、ニコラは彼のポリシーとして、日本の食文化を守りながら、彼の母国フランスのエッセンスを加えた、新しい日仏融合の料理を作り続けています。フランス人でありながら、日本に住んで、日本を愛し、日本の食文化を大事にしている自分自身を料理で表現したいという想いを持っているのです。

 

 

<栃木のニラ農家訪問の様子>
 

 

そんなニコラは「日本の食文化を元気に!」プロジェクト第一弾の地として、栃木までやってきました。

今回新メニューの考案にあたり、栃木県産のニラを使用することになったのです。ご協力いただいたのは栃木県のJR石橋駅近くのニラ農家、津野田さん。津野田さんの畑を訪問させてもらいました。
 

徹底した温度管理をする為のビニールハウスが一面に広がっています。
 




<こだわり抜いた土と水の管理で1年間かけて丁寧につくるニラ>

 

ニラは多年生なので、他の作物よりも土作りを十分にする必要があります。ニラの成長には固い土ではだめ。ふかふかの豚糞籾殻を使用することで、土が柔らかくなり、ニラの根っこが土の中で広く大きく育ち、1本1本が太くしっかりとしたニラを育てることができるのです。
 

 

また、養分たっぷりの豚糞籾殻を使った、やわらかい土で育てられたニラは普通のものよりも甘みが強く出て、そのまま食べてもニラ本来の甘みを感じられます。


さらに温度管理も厳重に行っており、ある一定の温度よりも寒くなると、自動的に地下水でハウスを温めて、ニラにとっての適温を常に保てるようにしています。ニラを育てるには乾燥しないようにたっぷりのお水を与えてあげることも大事。


新鮮なニラは刈った瞬間、たくさん蓄えている水が滴るほどみずみずしく育ちます。

 


手間隙かけた畑で採れたニラは爽やかなニラの香味が強く香り、シャキシャキとした食感が特徴の美味しいニラに育ちます。


ニコラもたくさんのこだわりとニラの美味しい調理法などを教えてもらいました。愛情たっぷりに育てられたニラ。栃木の新鮮なニラを使って、栃木の名物料理美味しいギョウザをニコラ流に作ります。
 

 



---------------------------------------------------------------------------------------------

~「日本の食文化を元気に!」ニコラハウス新メニュー~


今季ニコラハウスでは「日本の食文化を元気に!」をテーマに、各地の地方独自の食材を使用した限定メニューをつくります。ニコラハウスでも大人気の、お子様ランチ大人用での新メニューです。

 まず第一弾は、栃木のニラを使用した特製ギョウザ。

 

ギョウザを作るには欠かせないニラ。今回は栃木県産のニラを使用して、ニコラオリジナルのギョウザをつくります。

 
ニコラの作るギョウザは、牛肉と豚肉の合挽き肉を使い、新鮮な栃木のニラをふんだんに使用した香ばしくてジューシーなギョウザです。

 

そして日本の食文化を大事にしながらも、独自のアレンジを忘れないのがニコラ流。今回はオリジナルのたれを3種類ご用意しています。
 

 

①   フレッシュバジルを使ったトマトソース

トマトの酸味のきいたさっぱりしたソース。そこにバジルが加わることで味にアクセントがついています。



②   しそ、ディル、エストラゴン、イタリアンパセリのハーブソース

ニコラ得意のハーブをたくさん使ったソース。それぞれのハーブの爽やかな香りが楽しめるソース。日本のしそと、フランスでよく使われるエストラゴンなどをミックスするのはニコラオリジナル。


③醤油とバルサミコ酢、ベーコン、パルメザンチーズのカルボナーラ風ソース

卵黄の味がしっかりとした濃厚で、クリーミーなソース。醤油とバルサミコ酢が隠し味。


 
3種類ともハーブを使うのが得意なニコラオリジナルの斬新なソースになっています。ニコラハウスでしか食べられないギョウザの新しい食べ方が楽しめます。

期間限定で只今ニコラハウス本店で発売中です。


---------------------------------------------------------------------------------------------

 

看板商品のハーブをたっぷり使った「うさぎシュークリーム」や、
12から15階層からなる、異なる食感と味を存分に楽しめる「うさぎリエジョア」、
1皿で20品目以上の食材が食べられる「お子様ランチ大人用」、
様々な食材を混ぜて楽しむ瓶サラダこと「メイソンジャーサラダ」でブームを起こした料理人。
ニコラシャールが作る、見た目可愛く、味は本格派のスイーツと料理の世界をお楽しみいただけます。

<ニコラハウス 表参道本店>
最寄駅:副都心線 明治神宮前駅 5番出口から徒歩3分
JR山手線 原宿駅 徒歩7分
銀座線 表参道駅 A2出口から徒歩10分
取材申込TEL:03-6804-2689
店舗TEL:03-6434-9579
URL:http://nicolasusagi.com/
nicolas@chocolatsconcours.com


4/5よりニコラのウサギシュークリーム工場AKIBA店もオープンしました!

 

<ニコラのうさぎシュークリーム工場AIKBA店>
最寄駅:JR山手線秋葉原駅 徒歩1分
中央改札口を降りて昭和口ヨドバシAkiba方面へ、横断歩道を渡ってすぐ!
営業時間:9:30~22:00
取材申込TEL:03-6804-2689
URL:http://www.nicolasusagi.com/
nicolas@chocolatsconcours.com

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

ニコラハウス×キキ&ララコラボも同時開催中!
◆◆◆ニコラハウス×キキ&ララコラボについて詳しくはこちら◆◆◆
http://www.nicolasusagi.com/?page_id=3103 

◆◆◆ニコラハウスで食べられる、キキ&ララコラボシュークリーム以外の
、バジルや、バルサミコ酢いちごや、王道生クリームなどのうさぎシュークリームのメニューはこちらから◆◆◆
http://www.nicolasusagi.com/?page_id=2304

AKIBA店も4/5よりオープンしています!

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PACK ARTS株式会社 >
  3. 【ニコラハウス】フランス人である、料理研究家ニコラシャールが、日本全国の素材を使った料理・スイーツを作るプロジェクトがスタート。「日本の食文化を元気に!」~第1弾!栃木のニラを使ったギョウザ~