ロボティクス分野向けUnity公式オンラインセミナー「Unity道場 ロボティクス 秋のLT祭り 2021」開催決定

ロボティクス分野に関する12テーマの講演を予定

リアルタイム3Dプラットフォームで世界をリードするユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:堀田徹哉、以下 当社)は、ロボティクス分野向けUnity公式オンラインセミナー「Unity道場 ロボティクス 秋のLT祭り 2021」を10月19日(火)に開催することを発表いたしました。


ロボティクス分野におけるUnityの活用
リアルタイム3Dコンテンツを作成・運用するための世界有数のプラットフォーム「Unity」は、ロボティクス分野においてもシミュレーション、AI開発、可視化、UI開発などの分野で広く活用されています。例えば、Unity Robotics Hub を通じて、ROSとUnityを接続するための各種のパッケージやサンプルをオープンソースソフトウェアとして提供しています。

Unity Robotics Hub
https://github.com/Unity-Technologies/Unity-Robotics-Hub

Unity道場 ロボティクス 秋のLT祭り 2021 とは

Unityのエキスパートたちが、学生から社会人まで幅広い開発者向けに、様々なカテゴリーの技術を伝授するのがUnity道場です。

今回開催する「Unity道場 ロボティクス 秋のLT祭り 2021」では、ロボティクス分野の第一線で活躍する開発者の方々による12テーマのライトニングトーク(LT)をお届けする予定です。Unityとロボティクス分野に様々な関する知見や事例の紹介をお楽しみください。

本イベントは動画配信によるオンラインセミナー形式で開催します。参加(視聴)は無料ですが、「Unity Meetup」のイベントページからのお申し込みが必要です。なお、配信終了後はアーカイブ化され、どなたでも無料で視聴いただけます。

主な講演内容一覧
Unityでお手軽ロボット開発「toio SDK for Unity」最新事例
講演者:田中 章愛(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)/ 本間 翔太(モリカトロン株式会社) / 銭 起揚(モリカトロン株式会社)
講演内容:Unityでロボット開発やメディアアートを始めるならtoio!小型で絶対位置が取得可能なお手軽ロボットtoioを使ったアプリやアートが簡単に開発できる、toio SDK for Unityの最新事例を紹介します。

■UnityとROSの連携について
講演者:株丹 亮
講演内容:安価なマニピュレータとして有名になりつつあるmyCobotを使いながら、UnityとROSの連携方法について説明します。Unityと実機が動くデモを示しながら、苦労した点など共有したいと思います。

集まれ!Dreamingエンジニア! 〜箱庭で紡ぎ出されるIoT/クラウドロボティクス開発の新しいカタチ〜
講演者:森 崇(株式会社永和システムマネジメント)
講演内容:『箱庭』とは、IoT/クラウドロボティクス時代の仮想シミュレーション環境です。「箱の中に、様々なモノをみんなの好みで配置して、いろいろ試せる!」ようになれることを目指しています。Unityはそのコンセプトを実現する上で要となる技術です。箱庭を利用するとUnity上で手軽にロボットを配置し,物理エンジンで動作させながらマイコンシミュレータ/ROS/クラウド連携できます。箱庭で紡ぎだされるロボット開発の新しいカタチ/夢を語りながら、最新の箱庭成果をどうやれば利用/開発できるようになるか説明します。箱庭成果はOSSとしてUnityパッケージと併せて一般公開中です。

■中国深センから盛り上がる、ソフトウェアフレンドリーなロボティクス
講演者:高須 正和(スイッチサイエンス/ニコ技深センコミュニテイ)
講演内容:安価でフレキシブルなメカニクスと高度なソフトウェア、そして高性能なマイコンを組み合わせたハードウェアは、ソフトウェアエンジニアがロボットへ踏み出す大きな機会となっています。そのなかで今回のイベントでも様々に紹介されているElephant Robotics社のmyCobotシリーズ、M5Stackのセンサーやマイコンボードなど、深セン発のハードウェアスタートアップが注目されています。スイッチサイエンスにてそれらの会社との事業開発を仕事にしている高須が、深センからソフトウェアフレンドリーなロボット新時代について紹介します。

■Unityでロボットの教師データは作れる!
講演者:からあげ
講演内容:Unity Perceptionで作った教師データで、ロボットに搭載するAIの学習をする恐るべき闇の技術を紹介します。また、その背景に隠された真実も合わせてお伝えします。

■産業用ロボット開発におけるUnityの活用
講演者:太刀掛 浩貴(株式会社エイアイキューブ)/渡邉 航(株式会社エイアイキューブ)
講演内容:2020年度のUnity道場ロボティクススペシャルでは,産業用ロボットにおけるUnityとAI技術の活用事例について,私たちの実際の取り組みを例として紹介しました.今回は,その周辺技術として,ロボットの動作計画を例に,産業分野向けに従来開発してきた既存アセットをUnityへ活用する事例についてご紹介します.

その他、合計12テーマの講演を予定しています。

開催概要
2021年10月19日(火)20:00 配信開始 23:00 閉会予定
※講演内容・開催時間は今後変更となる場合がございます。ご了承ください。

参加お申し込み
視聴にあたって下記イベントページから事前に参加申込が必要です。
https://meetup.unity3d.jp/jp/events/1332

参加費
無料(事前登録制)

定員数
制限なし

配信終了後のアーカイブ
イベントの様子はYouTubeにて公開され、どなたでも視聴が可能となります。また、一部の講演スライドはUnity Learning Materials上で個別に公開される予定です。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、リアルタイム3D(RT3D)コンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2020年で月50億回以上ダウンロードされました。

※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 >
  3. ロボティクス分野向けUnity公式オンラインセミナー「Unity道場 ロボティクス 秋のLT祭り 2021」開催決定