ふるさとチョイスを通じ、今年起こった8つの災害(地震、豪雨など)に14.5億円の寄附金が届く

~ ふるさと納税を活用した災害支援と防災対策を紹介 ~

国内最大のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永 珠代)では、ふるさと納税を通じた、地域の取り組みや各地の変化などを定期的に発信しています。
●2018年に起こった災害への支援総額14.5億円超、7万件超
ふるさとチョイスでは、2014年9月から、ふるさと納税を活用して被災地支援のための寄附を募る災害支援専用フォームを開設しています。今年は、草津白根山の噴火や、西日本での豪雨など、多くの災害があり、今年起こった災害に対して、14.5億円、7万件の寄附が、全国から被災地へと届けられました(2018年8月30日時点)。特に「平成30年7月豪雨 」では、13億円を超える寄附が集まりました。


●全国に広まる「支援の輪」:代理寄附

「平成30年7月豪雨」では、発災から2日後の7月7日から、茨城県境町が被災地の岡山県倉敷市と広島県に代わって、寄附を受け付け事務作業を請け負う、「代理寄附」を開始しました。

その後、全国の各地で合計34の自治体が「代理寄附」を行いました。




●被災地から寄附者に感謝のメッセージや復興の報告も
  • <福岡県赤村>災害支援寄付金受付終了のお知らせ 2018年7月31日(火)17時49分
    皆様、こんにちは。福岡県赤村長の道 廣幸でございます。 この度は、福岡県赤村へ温かい御支援を頂戴致しましたこと、赤村の住民を代表し、深く感謝申し上げます。 今回の災害で基幹産業を支える農地や村内主要道路に深い爪痕が残されておりますが、皆様からの御支援、励ましのお言葉にお応えできるように、必ず元気な赤村を取り戻すことをお約束させていただきます。 最後になりますが、この度の災害で被災された方へ深く追悼の意を表するとともに、御遺族の方へお悔やみを申し上げます。 今年も暑い夏が続く予報が出ております。 皆様の御健康と御多幸を福岡県赤村から御祈念申し上げます。 平成30年7月31日  福岡県赤村長 道 廣幸
  • <大阪府岸和田市>平成29年度災害緊急寄附に関するご報告 2018年8月21日(火)9時00分
    全国からたくさんのご寄付をいただき有難うございました。 皆様からのご厚志と応援メッセージを、市長以下職員一同が共有し感謝するとともに、一日も早くインフラ等の復旧に努めてまいります。 いただいたご寄付については、災害復旧事業として次の事業の財源(一部)として使わせていただきました。 ・塔原町津田川 法面崩壊復旧 ・市道福田白原線(神於山林道入り口付近) 道路肩崩壊復旧 ・内畑町 里道路肩陥没復旧
  • <愛媛県宇和島市>復旧作業を進めています! 2018年7月10日(火)21時01分
    宇和島市では災害直後、土砂崩れによる通行止めで孤立した地区がたくさんありました。 現在、着々と復旧作業が進められており、徐々に通れる道も増えてきました。
●ふるさと納税のお礼の品で防災対策
「ふるさとチョイス」には700点を超える「防災グッズ」のお礼の品が掲載されています。その中からいくつかのお礼の品をご紹介します。 ●ふるさとチョイスとは ~日本最大のふるさと納税総合サイト ~


全国すべての自治体のふるさと納税の「使い道」や「お礼の品」、まちの情報などを紹介。約1億4,400万の月間PV数(2017年12月)、230万を超える会員数(2018年8月)、契約自治体1,300自治体超(2018年8月)、お礼の品登録数19万点超(2018年8月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトです。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラストバンク >
  3. ふるさとチョイスを通じ、今年起こった8つの災害(地震、豪雨など)に14.5億円の寄附金が届く