インターベンショナルオンコロジーの市場規模、2026年に29億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インターベンショナルオンコロジーの世界市場 (~2026年):製品 (高周波・マイクロ波・塞栓術・ガイドワイヤー)・処置 (熱アブレーション・非熱アブレーション・TACE・TARE・TAE)・癌の区分 (肝臓癌・肺癌・腎臓癌・骨転移)・エンドユーザー (病院・ASC)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月19日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1007228-interventional-oncology-market-by-product.html


インターベンショナルオンコロジーの市場規模は、2020年の19億米ドルからCAGR6.8%で成長し、2026年には29億米ドルに達すると予測されています。インターベンショナルオンコロジー市場は、主要な製品メーカーだけでなく、新興の製品メーカーにとっても大きな成長の可能性を秘めています。技術の進歩、腫瘍の発生率の上昇、資金や官民の投資の増加などが、同市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19のインターベンショナルオンコロジー市場への影響

COVID-19のパンデミックは、インターベンショナル・オンコロジー市場に大きな影響を与えています。この市場は、エンドユーザーに製品をタイムリーに届けるだけでなく、この分野の製品やサービスに対する不均一な需要に対応するなど、製造およびサプライチェーンにおける課題に直面しています。さらに、診断テストを実施および研究するための熟練したラボの専門家の不足、業務、研究機関や学術機関への不十分な資金提供、主要な学術機関の一時的な閉鎖、サプライチェーンの混乱、およびロックダウンによる販売サービスの問題などにより、エンドユーザーへのインターベンショナルオンコロジー製品の供給が減少しています。

牽引要因:低侵襲手術に対する患者の嗜好の高まり

近年、低侵襲手術の需要が大幅に増加しています。低侵襲手術の主な利点は、少ない合併症、短い入院期間、痛みの少なさ、小さくてきれいな切開部位、感染症のリスクが低さ、術後のケアの少なさ、回復の早さなどが挙げられます。低侵襲手術は、癌を含む様々な病気の診断と治療に先進技術を利用します。また、癌の腫瘍やリンパ節の傷跡を残さずに取り除くため用いられ、生検用の組織を採取したり、正確な病期診断を行う際にも役立ちます。これにより、外科医は適切で正確ながん治療計画を立てることができます。また、低侵襲技術の採用は、大幅なコスト削減にもつながります。インターベンショナルオンコロジー市場の主要プレイヤーは、技術的に優れた新製品の発売にますます注力しています。同市場における技術革新は、経済的かつ技術的に高度な、使いやすいインターベンショナルオンコロジーシステムの開発に焦点を当てています。

抑制要因:訓練を受けた放射線技師や腫瘍医の不足

インターベンショナルオンコロジー市場では、機器や技術をより正確かつ特異的なものにするため、継続的な技術革新や進歩が見られます。しかし、これは、専任の専門家でなければ高い水準を達成・維持することができない技術です。そのため、十分な訓練を受けた熟練の放射線科医や腫瘍内科医の不足が、同市場の成長に影響を与えると予想されます。この影響は、発展途上国や低開発地域でより顕著に現れると考えられます。サハラ以南のアフリカ地域では、治癒可能ながん患者へのケアを行う上での障害として、腫瘍内科医や放射線腫瘍医など、がん治療に必要な医療従事者の不足が挙げられます。同様に、インドでも腫瘍医、放射線治療医、外科腫瘍医の不足が深刻化しています。180万人のがん患者を抱えるインドでは、2000人に対し1人の割合で腫瘍専門医が治療にあたっています。このように、腫瘍内科医や放射線科医の不足が、国の医療制度における、介入型腫瘍治療の採用に影響を及ぼすことが予想されます。






【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1007228-interventional-oncology-market-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. インターベンショナルオンコロジーの市場規模、2026年に29億米ドル到達予測