【新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援】放課後児童クラブ緊急サポート開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

子ども支援の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下、セーブ・ザ・チルドレン)は、新型コロナウイルス感染症予防対策が進められる中、さまざまな状況下で、子どもの安全と感染予防に取り組みながら保育を続けている全国の放課後児童クラブ(学童保育)に対して、活動支援金を提供する「放課後児童クラブ緊急サポート」を開始しました。報道機関の皆さまにおかれましては、より多くの学童保育に本支援を利用いただけるよう、ぜひ周知へのご協力をお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症拡大対応「放課後児童クラブ緊急サポート」>
https://bit.ly/34CxZWg
【対象要件】
  1.  厚生労働省放課後児童健全育成事業の届出を市町村に行っている、または行政からの委託決定あるいは補助決定を受けている。※公設公営の場合は、自治体の担当課に支援を受けることを確認してから申請ください。
  2. 4月1日から30日までの間に、学校の休校措置や分散・時差通学などに伴い、午前中から学童保育を開室している(休日・祝日を除く、4月中の開室が10日以上となる)。
  3. 新型コロナウイルス感染症予防の対策を講じるために、遊具、備品、人件費などの経費が通常より多くかかった、またはかかる見込みがある。
【支援内容】一学童保育につき一律15万円 ※申請件数が250件に達し次第、締め切ります。※支援内容の詳細はこちら https://bit.ly/34CxZWg

【申請受付期間】2020年4月15日(水)~4月30日(木)
【申請から審査・振込・報告までの流れ】
  1. 申請期間内に申請フォーム(https://forms.gle/MVA3N8C9vqRKCFFq5)に必要事項を記入・送信後、当会で審査(申請要件を満たした上で、申請内容に不備・虚偽がなく、必要書類が添付されていれば原則認定)。
  2. 申請者全員に結果をメール通知し、認定された学童保育に対し、結果メール通知後から2週間程度で指定口座に入金。
  3. 2020年6月末日までに、所定の報告書、会計報告および領収書コピーを当会へ提出。

【お問合せ先】公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 国内事業部
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F / Email:japan.soap@savethechildren.org
※お問合せはメールにてお願いいたします。

■セーブ・ザ・チルドレンの新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援  https://bit.ly/2JJianb
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 【新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援】放課後児童クラブ緊急サポート開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン