テラモーターズ、経済産業省/JETROによるアジアデジタルフォーメーション(アジアDX)新規事業支援案件に採択決定

テラモーターズ株式会社(本社:東京都港区、社長:上田 晃裕、以下 テラモーターズ)は、経済産業省/JETROによるアジアDX等新規事業創造推進支援事業案件に採択されました。本件を活用して、事業のDX化を進め、交通×広告の新しい広告プラットフォーム市場の創造を目指します。

電動三輪×デジタル広告のイメージ図電動三輪×デジタル広告のイメージ図


インドでは、急速にデジタル化が進展しており、デジタル技術の活用による社会課題解決のニーズは高く、世界最先端の技術が次々と生み出されています。インド国内の課題解決のみならず、インドで構築、立証された新社会インフラシステムや個別のイノベーションが、将来的には、先進国へ還流、普及していく、「リバースイノベーション」が期待されています。

そのような状況下、経産省と印政府による「日印デジタルパートナーシップ」が締結されており、本件ではそれらに基づいて、デジタル技術を活用した新規事業創出を支援する制度となります。

弊社はそれらの資金を活用し、交通×インターネット(DX)による便利で環境にも優しい交通インフラの構築を目指す活動の一環として、既に販売している電動三輪車にデジタル広告を搭載し、インドにおける新たな広告プラットフォームの創造を目指します。

IoT技術の活用により、広告の入れ替えを効率的に行う事に加え、将来的には、搭載パネルの画像認識技術の高度化を進め、特定地域における時間帯ごとの通行量のデータ化、性別や年代別での通行属性の分類を検討しており、通行におけるビッグデータを活用した広告価値の最大化を図り、より付加価値の高い事業へと成長させていく計画です。

本件を通じて、より環境に優しく持続性がある次世代交通インフラの創出に向けて、引き続き取り組んで参ります。


参考情報:経済産業省プレスリリース
令和元年度「アジアDX等新規事業創造推進支援事業費補助金(日印経済産業協力事業)」の採択結果
https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200804001/20200804001.html

■テラモーターズ株式会社
テラモーターズは、東京本社に加え、アジア3カ国に事業を展開するベンチャー企業。電動二輪・三輪の開発・製造・販売・アフターサービスまでの全行程を行なっており、年間販売台数は約3万台。支社をインド、販売代理店をネパールと台湾に置き、事業を展開している。2010年の創業時より、日本発、グローバルメガベンチャーを目指している。

■本件に関する問い合わせ
テラモーターズ株式会社
電話 : 03-6419-7193(日本本社、日本語)
+91-124-4233691(インド支社、英語)
メール:info@terramotors.co.jp
HP : https://terramotors.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テラドローン株式会社 >
  3. テラモーターズ、経済産業省/JETROによるアジアデジタルフォーメーション(アジアDX)新規事業支援案件に採択決定