スクーが「未来の本屋研究所」プロジェクトを始動

時代に合わせて存続する「未来の書店」のあり方を実験・実現。多様な学習体験の創出により、社会人の学びを促進

インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:森 健志郎、以下「スクー」)は、オンラインとオフラインを組み合わせた多様な学習体験や、新たな知との出会いの提供によって学び続ける大人を支援することを目的に「未来の本屋研究所」プロジェクトを始動しました。今後は全国の本屋と提携し、書店と読み手との新しい関係性の創出など次世代の書店のあり方を研究し、「未来の書店」の実現にむけた実験プロジェクトを実施して参ります。取り組みの第一弾として、2022年9月26日(月)にブックフェアを開催します。

 
  • 「未来の本屋研究所」発足の背景
書店は従来より地域の知の拠点であり、私たちの新たな可能性を拓く本に巡り合う場所でもあります。ところが、近年においてはECサービスの台頭に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、地方だけではなく都心でも次々に書店が閉店しています。その数は20年前と比べて半減し、今なお減少傾向は続いています。

当社では「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、すべての人が学び続ける社会の構築と、それによる様々な社会課題の連鎖的解決を目指しています。このミッション実現において、知の拠点となり人々に学びを届ける書店はなくてはならない存在だと考えています。

このような背景から、変化の激しい時代の中でも、時代に合わせて形を変えて知を提供する場として書店のあり方を考え、学び手だけではなく、書店や地域自治体とともに「未来の書店」の実験・実現を目指しています。オンライン授業によって約8000本の幅広いコンテンツを10年以上にわたり提供し、先生や受講生同士での双方向性のある学びで新しい知との出会いを提供してきたスクーが書店とコラボレーションすることで、オンラインに留まらない多様な学習体験をより幅広い人々に向けて提供することができると考えています。

今後もスクーは全国の書店との提携を進め、オンラインとオフラインを組み合わせた多様な学習体験の提供や、書店と読み手との新しい関係性構築を目指してまいります。
 
  • Schoo×本屋B&Bコラボブックフェアについて
「未来の本屋研究所」の取り組みの第一弾として、「これからの街の本屋」を掲げ書籍販売以外にもイベント配信など新しい取り組みを次々に仕掛けている下北沢の本屋B&Bと連携し、「読者共創型のブックフェア」を行います。ブックフェアでは特定のテーマに沿った選書をSNS上で広く募集し、その一部を選者のコメントと共に特集棚で展開します。

選書を読者と共に行うことで、次世代の「開かれた書店」のあり方について検証し、今後もこのような共創を通じて、書店における関係人口の拡大や、新たな顧客の創出、書店と読み手の結びつきを深めることを目指します。

<詳細>
・イベント名:Schoo×本屋B&Bコラボブックフェア「#実は働くヒントをくれる本」
・期間:2022年9月26日(月)より、約2週間
・場所:本屋B&B(東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F)
・内容:テーマに基づいてSchooユーザー及び一般参加者から募集した選書を店頭にて紹介
・イベントページ:URL:https://schoo.jp/news/2022/2022-08-17

<選書への参加方法>
TwitterのSchoo公式アカウント(@schoo_inc)をフォローの上、書籍情報とハッシュタグを入れてツイートすることで、どなたでも参加可能です。
【Twitter投稿文の例】著者名『書籍名』#実は働くヒントをくれる本 #Schoo
※詳しい応募条件はこちらをご覧ください。
 イベントページ:URL:https://schoo.jp/news/2022/2022-08-17
 
  • 連動イベントとSchoo関連授業のご案内
当ブックフェアを記念して、Schooの生放送授業とB&B店舗でのイベントを開催します。

【Schoo生放送授業】8月23日(火) 19:00〜20:00 「自分の頭で考える力」を養う本の読み方
▷授業URL:https://schoo.jp/course/7263

変化が激しい今の時代。私たちに本当に必要なのは、「正解」を暗記する力ではなく、単純ではない物事に立ち向かい、自ら未来を切りひらいていく力です。

この授業では、今年『自分の頭で考える読書』を刊行した荒木博行さんと、本屋B&Bの共同経営者である、ブックコーディネーターの内沼晋太郎さんとともに、「自分の頭で考える力」を養う本の読み方について考えていきます。

【B&Bイベント】8月28日(日) 19:00〜 仕事を自由にする読書 #実は働くヒントをくれる本
▷イベントURL:https://bb220828a.peatix.com/

一見仕事と関係のないような本こそ、「実は」思わぬところで創造性を刺激されたり、仕事の思い込みから解放してくれたりするもの。そのような「実は働くヒントをくれる本」を登壇者それぞれが紹介しながら、小説や思想書などの本と日々の具体的な仕事の営みがどのように呼応しうるのかについて、Schooの人気講師3人にトークをいただきます。イベントの後半は、参加者の皆さんからもその場で選書を募集し、ゲストと一緒に読書について語り合います。
 
  • 株式会社Schooについて
「世の中から卒業をなくす」をミッションに、インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を進めている。大人たちがずっと学び続けるオンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』は2012年のサービス開始後、「未来に向けて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトとした生放送授業を毎日無料提供。過去の放送は録画授業として約8,000本公開中。法人向けには社員研修と自己啓発学習の両立を実現する「Schoo for Business」を提供し、学び続ける組織作りに貢献。登録会員数は約78万人、導入企業実績は2,600社を突破。
2014年から約20の大学・教育機関のDX化を支援。2021年9月には高等教育機関DXプラットフォーム「Schoo Swing」を提供開始。
奄美大島と包括協定を行うなど、地方エリアへの遠隔教育普及によって実現する「未来の暮らし」の確立も進めている。

会社名 :株式会社Schoo(呼称:スクー)
代表者 :代表取締役社長CEO 森 健志郎
設立 :2011年10月3日
資本金 :1億円
所在地 :〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階
事業内容:インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革URL:http://corp.schoo.jp/(コーポレートサイト)・https://schoo.jp/ (個人向けサイト)・https://schoo.jp/biz(法人向けサイト)・https://dx.schoo.jp/(高等教育機関向けサイト)・https://pencil.schoo.jp/(オウンドメディア)・https://note.com/schoo(公式note)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Schoo >
  3. スクーが「未来の本屋研究所」プロジェクトを始動