NVIDIA、サイバーセキュリティ業界にAI による自動化をもたらすMorpheus を発表

NVIDIA GPU を活用する新しいフレームワークによりサイバーセキュリティプロバイダーはBlueField DPU を使用してサイバー侵害を即座に検出できる AI ソリューションを開発することが可能に

2021 年 4 月 12 日 カリフォルニア州サンタクララ — GTC21 — NVIDIA は本日、サイバーセキュリティパートナーに、セキュリティの脅威発生を未然に検出および防止する、アクセラレーテッド AI スキルの完全なスイートを提供するための NVIDIA Morpheus アプリケーション フレームワークを発表しました。

NVIDIA Morpheus は、機械学習を利用して、暗号化されていない機密データの漏洩、フィッシング攻撃、マルウェアなど、以前は特定できなかった脅威や異常を特定、キャプチャ、対策を実行することができるクラウドネイティブのサイバーセキュリティ フレームワークです。Morpheus をセキュリティアプリケーションとともに展開すると、NVIDIA AI コンピューティングと NVIDIA® BlueField®-3 DPU を利用して、ユーザーがデータセンターをコアからエッジまで保護できるようになります。

NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「ゼロトラスト セキュリティのモデルでは、データセンターのあらゆるトランザクションをリアルタイムで監視する必要があります。これは、サーバー内の侵入を感知し、脅威を即座に検出する必要があり、最新のデータセンターのデーターレートで動作させるという重大な技術上の課題に対処してなければなりません。NVIDIA Morpheus は、サーバー 内ネットワーキングの Mellanox と NVIDIA AI を組み合わせることで、リアルタイムで全パケット検査を行い、脅威を予測するとともに、発生したときにはそれらを排除します」

Morpheus を BlueField DPU と組み合わせると、ネットワーク内のすべての演算ノードがエッジでサイバー防御センサーとして機能できるようになり、組織はデータを複製せずにすべてのパケットをラインレートの速度で分析できます。一方、従来の AI セキュリティツールでは、ネットワークトラフィックデータの5%程度をサンプリングするのが一般的で、不完全なモデルに基づく脅威検出アルゴリズムになっていました。

Morpheus は、コストやパフォーマンスを犠牲にすることなく、より多くのセキュリティデータを分析するために、AI と組み合わせて、リアルタイムのテレメトリ、ポリシーの適用、エッジでの処理を適用します。開発者は、既存の IP 投資を活用してディープラーニングモデルを用いて、独自の Morpheus AI スキルを作成することもできます。

AI 対応のセキュリティエコシステム
主要なハードウェア、ソフトウェア、サイバーセキュリティ ソリューションプロバイダーは、NVIDIA と緊密に連携して、データセンターのセキュリティ製品と NVIDIA Morpheus AI フレームワークを統合し、最適化しています。これには、ハイブリッドクラウドプラットフォーム プロバイダの Canonical、Red Hat、VMware とともに、業界のリーダーであるARIA Cybersecurity Solutions、Cloudflare、F5、Fortinet、および Guardicore が含まれます。

Best Buy のCISO であるアダム ミシュラー (Adam Mishler) 氏は次のように述べています。「複雑で進化する環境を守るには、常に可視性が必要です。リアルタイムの動的ネットワークマップを提供することで、態勢をさらに強化できる領域を特定し、ML ベースの異常検出を強化するための基盤として機能します。NVIDIA Morpheus フレームワークは、絶えず変化するサイバー脅威の状況に適応できる異常検出のための柔軟でスケーラブルなプラットフォームを提供するのに役立ちます」

Booz Allen Hamilton のチーフデータサイエンティストであるアーロン サントミラー (Aaron Sant-Miller) 氏は、次のように述べています。「攻撃範囲が急速に拡大する中、エッジで先進的な検出を行う当社のツールはますます重要になっていきます。私たちは NVIDIA と提携して、このニーズに対応するポータブルサイバー AI ツールを設計、開発、提供しています。Morpheusは、データセンターのコンピューティングを小型で頑丈な GPU フォームファクターに詰め込んだ AI 対応のサイバーハントプラットフォームである Cyber Precog Flyaway Kit の基盤です」

Splunk のシニアバイスプレジデント兼チーフテクノロジーオフィサーであるティム タリー (Tim Tully) 氏は、次のように述べています。「Splunk は、NVIDIAと協力して、GPU で加速されたディープラーニングを利用する方法を模索し、共同の顧客が使用するためのデータを活用する方法を強化できることを期待しています。Morpheus フレームワークを使用して、チームがプラットフォームに新しい機能をすばやくプロトタイプ化し、統合するためのパスを提供し、コンピューティング集約型タスクを GPU アーキテクチャにオフロードしてお客様を支援できることを楽しみにしています」

さらに、Morpheus は、Atos、Dell Technologies、GIGABYTE、H3C、HPE、Inspur、Lenovo、QCT、Supermicro などの世界をリードするサーバーメーカーの NVIDIA-Certified Systems (NVIDIA 認証システム)上で動作するように最適化されています。

入手方法
ネットワークおよびサイバーセキュリティの開発者、ソフトウェアパートナー、スタートアップ、コンピューターメーカーは、NVIDIA Morpheus プラットフォームへの早期アクセスを今すぐ申請することができます 。https://developer.nvidia.com/morpheus-cybersecurity#source=pr 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. NVIDIA、サイバーセキュリティ業界にAI による自動化をもたらすMorpheus を発表