JQA、中部試験センターを新設し、5月6日より業務開始

~計測器の校正、環境計量器の検定、車載機器EMC試験~

一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)は、2021年5月6日(木)より、新たに建設した中部試験センター(愛知県北名古屋市沖村五反22番地)での業務(計測器の校正、環境計量器の検定、車載EMC試験)を開始いたします。

一般財団法人 日本品質保証機構(本部:東京都千代田区、理事長:小林 憲明)は、2021年5月6日(木)より、新たに建設した中部試験センター(愛知県北名古屋市沖村五反22番地)での業務を開始いたします。新施設は、現在の中部試験センターのおよそ3倍となる、地上3階建て、延べ床面積 5,060㎡の建屋となります。
 

中部試験センター外観中部試験センター外観


計測器に関わる業務については、新たに電子計測器の校正を開始いたします。また、これまで2ヵ所に分かれていた計測器の校正等の業務を1ヵ所に集約し、狭小問題を解決することによって拡大する校正ニーズに対応できる設備を整えました。

また、EMC試験業務においては、車載機器専用暗室3基ならびに中部地区初となるリバブレーションチャンバーなどの最新設備を導入いたしました。今後のEV/HEV化をはじめとした自動車産業における急速な電子化や、ADASや自動運転に代表される高度な技術発展に伴うお客さまの多様化する試験・評価ニーズにお応えしてまいります。

当機構は、今まで以上に質の高いサービスを提供し、より一層、ご愛顧いただけるよう努めてまいります。今後とも、変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

【施設概要】
業務開始日 2021年5月6日(木)
新住所 〒481-0043
愛知県北名古屋市沖村五反22番地
アクセス 名古屋第二環状自動車道/清洲東インターより車で7分
TEL 0568-24-5111
FAX 0568-24-5122
延べ床面積 5,060㎡
規模 地上3階
主な試験サービス 計測器の校正
環境計量器の検定
車載電子機器のEMC試験


【地図】

 


【一般財団法人日本品質保証機構(JQA)】
1957年設立。公正な第三者機関として、マネジメントシステム・製品安全・環境等に関する認証・試験・検査等を通して日本のものづくりやサービス産業の発展を支える日本を代表する認証機関。1963年より計測器の校正サービスを開始し、国家計量標準の産業界への供給機関として国内最大級の校正品目・認定範囲を誇る。
https://www.jqa.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人日本品質保証機構 >
  3. JQA、中部試験センターを新設し、5月6日より業務開始