店舗のキャッシュレス決済をサポート!「PayPay」での決済代金を365日いつでも翌日入金

ジャパンネット銀行を入金口座に指定すれば、決済代金を翌日入金、入金手数料を永年無料に!

PayPay株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:中山一郎、以下PayPay)と株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)は、スマホ決済サービス「PayPay」の決済で連携し、2018年11月1日(木曜日)入金分より、「PayPay」の導入店舗が入金口座としてジャパンネット銀行を指定すると、「PayPay」での決済分を365日いつでも翌日に入金します。
導入店舗は、キャッシュレス決済による現金管理の手間やコストが不要になり、かつ現金同様の入金サイクルでスムーズな店舗経営が行えます。
政府の推進もあり決済のキャッシュレス化がより進むと予想されるなか、「PayPay」は店舗でのキャッシュレス対応を強力にサポートします。
<11月1日入金分からの入金タイミング>


<「PayPay」導入による店舗のメリット>
https://paypay.ne.jp/store/campaign/

 


入金は最短翌日!
キャッシュレス決済により現金管理の負担を減らすことができます。一般にクレジットカードやスマホ決済では締日が設定され、月1回、または複数回の設定をしているため、お客さまの決済から店舗への入金に日数がかかるケースが多くあります。
ジャパンネット銀行を入金口座に指定した場合、365日土日祝日を問わず翌日に決済代金を入金(注1)、現金同様に売上金を扱えるため、仕入れ等の資金繰りに困ることなく店舗運営が安定して行えます。

初期手数料すべて無料!ジャパンネット銀行を指定で入金手数料は永年無料
キャッシュレス決済を導入する際に課題となるのが、導入にかかる手数料です。「PayPay」では初期導入費用、決済手数料(注2)、入金手数料(注3)がすべて無料です。
ジャパンネット銀行を入金口座に指定した場合、入金手数料は永年無料です。

注1:月間の累計決済金額が1万円以下の場合は月末締翌日入金
注2:「ユーザースキャン」方式の決済手数料が2021年9月30日まで無料。
注3:ジャパンネット銀行以外の銀行を指定した場合は、2019年9月30日まで無料。


政府は成長戦略の一環としてキャッシュレス決済の普及を目指し、また2019年10月からの消費税増税対策として、キャッシュレス決済での消費者へのポイント還元も検討していることから、決済のキャッシュレス化はより進むと予想されます。
PayPay、ジャパンネット銀行両社は、決済の側面から、店舗を運営するみなさまのキャッシュレス対応をサポートしてまいります。

【PayPayについて】
ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPayは、ソフトバンク社の営業力とYahoo! JAPANの顧客基盤を生かし、利便性の高いスマホ決済サービスを展開します。今後はYahoo! JAPANのECサービスとも連携し、「Yahoo!ショッピング」や「ヤフオク!」などの支払いにも「PayPay」が対応する予定です。
主なご利用可能店舗(予定含む)は、ファミリーマート、白木屋、第一交通など。順次拡大していきます。

【ジャパンネット銀行のショップ向けサービスについて】
ジャパンネット銀行では、店舗経営を含む法人や個人事業者の方向けに多くの決済サービスを展開しています。ECサイトを支援するサービスでは、「ヤフオク!」、「Yahoo!ショッピング」出店者の方へ向けた仕入資金のためのローンをご用意。決算書不要、ネットのみで手続き完了、最短翌営業日入金で、ショップを運営するみなさまをサポートします。
・ヤフー出店者専用ビジネスローン
https://www.japannetbank.co.jp/business/loan/yj/index.html

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンネット銀行 >
  3. 店舗のキャッシュレス決済をサポート!「PayPay」での決済代金を365日いつでも翌日入金