ザムストがJAPAN ULTRAMARATHON CHALLENGE SERIES(JUCS)のメジャーパートナーとなりました!

スポーツ向けサポート・ケア製品のブランド「ザムスト」を展開する、日本シグマックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 洋輔)は、2019年7月16日(火)より始まりました「ジャパンウルトラマラソンチャレンジシリーズ」のメジャーパートナーとなりました。
■シリーズ説明
「JAPAN ULTRAMARATHON CHALLENGE SERIES(ジャパンウルトラマラソンチャレンジシリーズ)」(JUCS)は、日本で開催されるウルトラマラソン大会※の中で、代表的な4大会を横断的にサポートすることにより、ウルトラマラソンの魅力をより多くの方に知っていただくと共に、チャレンジするランナーを応援する目的で始まったプロジェクトです。
(※ウルトラマラソンとは、通常のマラソン=42.195km より長い距離を走る大会のこと)
対象の大会は、日本国内の東西南北で開催される「四万十川ウルトラマラソン(10月)」「沖縄100Kウルトラマラソン(12月)」「柴又100K(5月)」「サロマ湖100kmウルトラマラソン(6月)」の日本を代表する4大会。チャレンジシリーズとして4大会のエントリー情報はもちろん、ウルトラマラソンを始める方向けのアドバイスを始め、練習会情報などを発信していきます。
「ジャパンウルトラマラソンチャレンジシリーズ」大会公式WEBサイト: https://runnet.jp/project/jucs/ 


<対象大会>


※各大会公式WEBサイト
・四万十川ウルトラマラソン : http://shimanto-ultra.jp/
・沖縄100Kウルトラマラソン : http://www.okinawa100k.jp/
・柴又100K : https://tokyo100k.jp/
・サロマ湖100kmウルトラマラソン : http://saromanblue.jp/


さらに、4大会すべてを2年間で完走したランナーには「ウルトラマエストロ」という称号を贈り、ジャパンウルトラマラソンチャレンジシリーズ限定アイテムを贈呈します。


<公式ロゴ>

※4つの四角は日本の東西南北を。ひとつひとつの四角は、ウルトラマラソンのフィールドである日本各地の自然(湖、川、海、山)を表現しています。また、日本のウルトラマラソンは海外のランナーにも人気が高く参加者が多いことから、4つのパターンの色合いに「和色」を使用しております。


■シリーズメジャーパートナーの背景
ウルトラマラソン。それはフルマラソンを超える距離を制限時間内に走り切る過酷なマラソン大会です。完走には計画的な練習と体調管理が要求され、レース当日の天候や体調にも大きく左右されます。そんな過酷なレースに挑むランナーを心から称賛するとともに、練習から大会当日まで共に歩んでいきたい。そんな想いから、ザムストはシリーズのメジャーパートナーになりました。ザムストは、ランニングに役立つ製品はもちろん、練習会や大会当日のエイドなどで過酷な挑戦をサポートします。ザムストは、アナタと共に戦い続けます!


■ZAMST(ザムスト) (URL: https://www.zamst.jp/ )
「ザムスト」は、医療メーカーとして整形外科向け製品を45年以上にわたり開発・製造・販売する日本シグマックス株式会社が1993年から展開している、スポーツ向けサポート・ケア製品のブランドです。
おかげ様で4年連続スポーツサポーター市場売上金額のNo.1*ブランドとなりました!
※2014年~2017年スポーツサポーター(スポーツ販売チャネルを主としたブランド商品対象)市場 メーカー出荷金額ベース 株式会社矢野経済研究所調べ 2018年12月現在
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本シグマックス株式会社 >
  3. ザムストがJAPAN ULTRAMARATHON CHALLENGE SERIES(JUCS)のメジャーパートナーとなりました!