子どもたちに物語を- #SaveWithStories著名人による「読み聞かせプロジェクト」セーブ・ウィズ・ストーリーズSNSキャンペーンを開始

ー 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける子どもたちのためにー

アメリカの俳優ジェニファー・ガーナ―アメリカの俳優ジェニファー・ガーナ―


子ども支援専門の民間・非営利の国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」は、先般より世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症の流行初期から、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、そしてアフリカをはじめとする新興国で、感染症の感染予防、拡大の防止措置、医療関係者への支援をはじめ子どもたちとその家族、コミュニティを支援するために、世界中で100億円規模の緊急支援活動を行っています。日本においても学校休校の影響を受け、子どもたちの安全と感染予防に取り組みながら運営している放課後児童クラブ(学童保育)に対する支援活動も開始しています。

そして、このたび日本国内において、外出自粛の影響で、外に出ることのできない子どもたちとその家族に、楽しくそして教育的でもあるコンテンツを提供し、子どもたちにポジティブな影響を与えるために、一般社団法人 日本書籍出版協会、Facebook Japan株式会社、株式会社アイフリークスマイルズをはじめ、さまざまなご関係者の協力を得て、著名人による「読み聞かせプロジェクト」セーブ・ウィズ・ストーリーズSNSキャンペーンを開始いたします。

この取り組みは、米国のセーブ・ザ・チルドレンの評議員であり、映画俳優のジェニファー・ガーナーが俳優仲間のエイミー・アダムスとともに、#SaveWithStoriesと呼ばれるソーシャル・キャンペーンを企画・展開し、同時に、国内・海外における、新型コロナウイルスの影響を受けている子どもたちを支援するための募金の呼び掛けから始まりました。

<#SaveWithStories(セーブ・ウィズ・ストーリーズ) 概要>
セーブ・ザ・チルドレン キャンペーン インスタグラムアカウント
(日本)https://www.instagram.com/savethechildren_japan/
(米国)https://www.instagram.com/savewithstories/

セーブ・ザ・チルドレン キャンペーンページ  https://www.savechildren.or.jp/lp/savewithstories/

【期間】2020年5月20日~6月30日まで (※動画の公開は2020年12月までを予定)

【日本での読み聞かせ頂く方々】(敬称略、順不同)
片岡愛之助(歌舞伎俳優)、尾上松也(歌舞伎俳優)、藤原紀香(女優)、岸谷五朗(俳優)、別所哲也(俳優)、宮沢りえ(女優)、木村多江(女優)、黒木華(女優)、仲里依紗(女優)、神木隆之介(俳優)、石田ひかり(女優)、井浦新(俳優)、小関裕太(俳優)、渡邊圭祐(俳優)、吉沢悠(俳優)、須藤理彩(女優)、恒松祐里(女優)、山田杏奈(女優)、甲斐翔真(俳優)、阿部純子(女優)、麻生かほ里(女優)、田中千絵(女優)、きづき(俳優)、渡辺直美(お笑い芸人)、紗栄子(タレント)、りゅうちぇる(タレント)、渡辺満里奈(タレント)、遼河はるひ(タレント・女優)、大久保佳代子(タレント)、辺見えみり(タレント)、つるの剛士(タレント)、三浦優奈(タレント)、冨永愛(モデル )、佐田真由美(モデル)、清川あさみ(アーティスト)、内田恭子(フリーアナウンサー)、馬場典子(フリーアナウンサー)、山本舞衣子(フリーアナウンサー)、森麻季(フリーアナウンサー) 、小川航基(サッカー選手)、長谷川唯(サッカー選手)、乃木坂46(アイドル)、佐藤可士和・悦子ご夫妻(クリエイティブディレクター /  マネージャー)他

※現時点で決定している方々のお名前のみの記載となっており、今後増えてまいります。

【参加している海外セレブリティ】(敬称略、順不同)
ジェニファー・ガーナー、メーガン・マークル、リリー・コリンズ、リヴ・タイラー、ジュード・ロウ、ジミー・ファロン、エディ・レッドメイン、スキ・ウォーターハウス、ウィニー・ハーロウ、マイケル・ヴァルタン、ケイト・ウィンスレット、オリヴィア・ワイルド、ローズ・バーン、リリー・ジェームズ、マーガレット・クアリー、グレン・クローズ、ドリュー・バリモア、ジェイク・ジレンホール、ハンナ・ダコタ・ファニン、ナタリー・ポートマン、マーゴット・ロビー、リース・ウィザースプーン 他

【コンセプト】オンライン動画を通して、著名人による絵本(児童書)の読み聞かせを行い、募金(寄付)を呼びかける企画です。

  • 米国・映画俳優のジェニファー・ガーナーとエイミー・アダムスによって発起されました。
  • これまで200名を超える著名人による賛同をいただいています。
  • 募金(寄付金)は、新型コロナウイルスによって影響を受ける子どもたちやその家族、コミュニティに対する緊急支援に充当しています。

【目的】
  • 新型コロナウイルス感染症の大流行によって影響を受けている子どもたちとその家族へ、教育的で楽しいコンテンツの提供
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子どもたちに対する緊急支援のための募金を呼び掛け

<セーブ・ザ・チルドレンとは>
セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際 NGO です。1919 年に英国で創設され、現在、日本を含む 29 の国と地域の独立したメンバーが連携し、約 120 ヶ国で子ども支援活動を展開しています。
https://www.savechildren.or.jp/



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 子どもたちに物語を- #SaveWithStories著名人による「読み聞かせプロジェクト」セーブ・ウィズ・ストーリーズSNSキャンペーンを開始