プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社文化放送
会社概要

最長寿番組『朝の小鳥』70周年記念特別番組 25年にわたり収録した霧降高原の野鳥の声の紹介、特別天然記念物・ニホンライチョウを守る活動を取材

文化放送 8月11日(金・祝)午後12時00分~12時55分放送

株式会社文化放送

 文化放送で放送中の最長寿番組『朝の小鳥』(日曜午前5時15分~5時20分)は、放送70周年を記念した特別番組『朝の小鳥 70周年記念特番 〜鳥たちの声を追って〜 』を放送いたします。

 『朝の小鳥』は、文化放送開局の翌年となる1953年5月から放送を開始し、現在同局の最長寿番組として日曜の朝に放送している番組です。実際の自然の山や森で録音した様々な野鳥の鳴き声とともに、鈴木純子アナウンサーの穏やかなナレーションで、その野鳥の生態などを紹介しています。

 当番組の放送70周年を記念し、同局では今年5月には「文化放送 バードウィーク」〔5月10日(水)~5月16日(火)〕を実施。野鳥の鳴き声をのせたスポットをオンエアするキャンペーンを展開しました。


 今回の特別番組では、野鳥の鳴き声の録音を担当してきた松田道生が25年にわたり収録を行ってきた、栃木県日光市の霧降高原の野鳥の声の変遷を紹介。25年の変化を、実際に耳で感じることができます。

 さらに、絶滅の恐れがある、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」を繁殖させ野生にかえすプロジェクトに参加している「那須どうぶつ王国」を鈴木純子アナウンサーが訪れ、ライチョウを守る活動を取材。その取り組みとプロジェクトに関わる方の思いを紹介します。

左から)松田道生、鈴木純子アナうウンサー左から)松田道生、鈴木純子アナうウンサー


『朝の小鳥』はポッドキャスト配信でも幅広い層にお楽しみいただいています。

ポッドキャスト: https://podcastqr.joqr.co.jp/episodes?q=%E6%9C%9D%E3%81%AE%E5%B0%8F%E9%B3%A5

 

<歴代の野鳥の鳴き声録音担当について>

 1代目・蒲谷鶴彦氏(故人)を引き継ぎ、松田道生が2代目として2006年から担当し、これまで300種類を超える野鳥の鳴き声を録音。松田は今年5月に番組を勇退し、現在は3代目としてフィールドレコーディングの専門家で、公益財団法人 山階鳥類研究所 特任専門員の岡村正章が担当。



【特別番組概要】

■番組名:『朝の小鳥 70周年記念特番 〜鳥たちの声を追って〜 』

■放送日時:2023年8月11日(金・祝)午後12時00分~12時55分

■収録・構成:松田道生(公益財団法人日本野鳥の会 参与)

■出 演:松田道生、鈴木純子(文化放送アナウンサー)


【番組概要】

■番組名:『朝の小鳥』 *1953年5月にスタートした同局の最長寿番組

■放送日時:毎週日曜日 午前5時15分~5時20分

■収録・構成:岡村正章(公益財団法人山階鳥類研究所 特任専門員)

■出 演:鈴木純子(文化放送アナウンサー)

■番組URL:https://www.joqr.co.jp/qr/program/little-birds/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
芸能
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社文化放送

24フォロワー

RSS
URL
https://www.joqr.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区浜松町1-31
電話番号
03-5403-1111
代表者名
斉藤清人
上場
未上場
資本金
1億9200万円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード