スマートプラスの「証券インフラストラクチャBaaS(Brokerage as a Service)」が採用され、ニッセイアセットマネジメント初の個人向けファンドラップを共同開発

人生100年時代を分断しない子供の学費、マイホーム資金、老後の資金などライフサイクルに応じた必要資金を目的別口座ごとに運用が可能に

株式会社Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 良太、以下「当グループ」)の子会社で証券事業を行う株式会社スマートプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤江 典雄、以下「当社」)はニッセイアセットマネジメント株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大関 洋、以下「ニッセイアセットマネジメント」)と提携し、個人向けファンドラップの開発を開始いたしました。


○背景
昨今、様々なサービスがデジタルトランスフォーメーション(DX)をして行く中、資産運用サービスもDX化が急務となっています。

また、人生100年時代を迎え、リタイア世代だけでなく若年層が今後迎える子供の学費やマイホーム資金、老後資金などライフサイクルに合わせた大きな出費に備え資産を作って行くことが必要です。貯金だけでなく資産運用を活用していくことで、効率的な資産創出が可能になり、早いうちから資産運用に触れることで投資リテラシーの向上も期待できます。

当社の「証券インフラストラクチャBaaS(Brokerage as a Service)」はフロントアプリケーションおよびミドルシステムをクラウドで提供し、更にビジネスロジックはサーバー側に集約することにより、証券サービスの自由な設計が可能となっています。そのため、導入企業の顧客属性に適合する証券サービスの開発が容易になります。

このBaaSを活用することで、ライフプランごとの各種資金使途に応じた複数の目的別口座を提供することができる上、口座ごとに運用商品やリスク許容度設定が可能となるサービス構築が実現いたします。さらに、デジタル上で展開することで、デジタルネイティブの幅広い世代にも提供が可能になります。

本サービスは、地域金融機関の非対面と対面を融合させたDXサービスとして提供していきます。お客様にとってはデジタルのみでの利用、もしくは自身が相談したいタイミングで窓口相談なども可能になります。忙しい現役層でもご自身の時間やニーズに合わせて対面や非対面でのサポートをお客様自身で切り替えることが可能です。

地域金融機関の窓口にとっても数多い金融商品のラインナップから1人1人カスタマイズしてコンサルティングをしていくことは高度な能力が必要となるものの、オンライン上に表示されるヒアリング項目に沿って入力してくだけで、お客様に必要なポートフォリオが提案可能になるため、サービス向上にも繋がります。

当グループの持つ柔軟なシステムと企画開発の強みとニッセイアセットマネジメントの地域金融機関へのネットワークと金融機関としての信頼感があるという強みを活かし、地銀の窓口を通じてお客様に寄り添った生活や夢の実現をサポートしてまいります。

※ ファンドラップについて、当社は投資一任契約締結の媒介行為(投資助言・代理業)は行いません。
※ ファンドラップ営業は、投資一任契約締結の媒介を行う、登録金融機関もしくは金融商品仲介業者(ニッセイアセットが委託)のみが行うこととなります。
※ 当社は口座管理機関であり、ファンドラップの営業活動を行うことはなく、
・投資運用方針および運用結果についての説明・報告
・投資一任約款の交付
・投資一任契約にかかる関連書面の交付
・投資一任契約に関する顧客への各種メール・お知らせ等
を当社が行うことはありません。

■証券インフラストラクチャBaaS(Brokerage as a Service)とは
早期かつ容易に証券事業への参入を可能にするプラットフォームです。
有価証券等の売買執行機能ならびに堅牢な証券インフラをパッケージ化したものです。提供したいお客様の属性に合わせた柔軟な証券フロントサービス開発を短期に実現し、従来証券システム開発に必要な大規模な初期費用は不要となるため、既存事業をすでに行っている事業者でもBaaSを使うことで証券事業を始めやすくなります。
 


■株式会社スマートプラス

株式会社スマートプラスは、証券ビジネスプラットフォーム「BaaS(バース):Brokerage as a Service」を軸に、事業者による自社顧客向け証券サービスの提供を支援するFintechスタートアップです。クレジットカードで個別株が買える日本初のサービス「セゾンポケット」開発などの事業者向けサービスのほか、自社でもスマホ投資サービス「STREAM(ストリーム)」を開発・提供しています。

会社名 :株式会社スマートプラス
代表者 :代表取締役 藤江 典雄
設立  :2017年3月
所在地 :東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
事業内容:第一種金融商品取引業、投資運用業
URL  :https://smartplus-sec.com/

商号等:株式会社スマートプラス
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会/一般社団法人日本投資顧問業協会

■株式会社Finatextホールディングス https://hd.finatext.com/

株式会社Finatextホールディングスは、「金融を“サービス”として再発明する」をミッションに掲げ、「金融がもっと暮らしに寄り添う世の中」の実現を目指しています。金融サービスのあるべき姿をユーザー視点から見直し、パートナー事業者と共に新しい金融サービスを開発する「株式会社Finatext」をはじめ、オルタナティブデータ解析サービスの「株式会社ナウキャスト」、証券ビジネスプラットフォームを提供する「株式会社スマートプラス」、次世代型デジタル保険の「スマートプラス少額短期保険株式会社」と共に、デジタル技術とデータを最大限活用した「生活に寄り添う身近な金融サービス」を展開しています。

会社名:株式会社Finatextホールディングス 
代表者:代表取締役 林 良太
設立:2013年12月
所在地:東京都千代田区九段北3丁目2番地11号 住友不動産九段北ビル 4階





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Finatextホールディングス >
  3. スマートプラスの「証券インフラストラクチャBaaS(Brokerage as a Service)」が採用され、ニッセイアセットマネジメント初の個人向けファンドラップを共同開発