【夏のおでかけに関する調査結果】車でのおでかけ、困りごとは昨年に引き続き『駐車場問題』が1位に

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、夏のおでかけの実態を調査することを目的に、akippaを利用しているユーザーにアンケートを実施いたしましたので、その結果を発表いたします。


【調査結果まとめ】
1.今年の夏出かけたい都道府県は?
夏の旅行先の人気第1位は北海道!
北海道、沖縄、長野の上位3都道府県の顔ぶれは、昨年と同様の結果に。

2.夏休み、車で出かけたときの困りごとは?
1番の困りごとは駐車場問題。
内訳は、「駐車料金が高い」「駐車場が満車」「駐車場が見つからない」など

【調査概要】
調査主体:akippa株式会社
調査方法:メール配信
エリア:関東 関西 九州 東海
対象:akippaユーザー 10代〜70代
有効回答数:1107
男女比:男性 600人/女性 507人
調査期間:2019年6月1日〜7日

アンケート結果データの引用、転載に際しては必ず「akippa株式会社調べ」と記載してください。

アンケート結果に関する問い合わせは、下記担当者までお問い合わせください。

【調査結果詳細】
1.今年の夏出かけたい都道府県は?

 


行きたい都道府県第1位は、夏を涼しく過ごせる北海道(10.7%)、2位は定番のリゾート地沖縄県(8.4%)、3位は避暑地として名高い長野県(6.9%)という結果に。
ここまでは昨年実施したアンケートと同じ結果だったため、根強い人気がうかがえます。

※2018年夏のアンケート結果

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000016205.html

また、昨年夏のアンケート結果では、4位に東京、7位に大阪がランクインという状況でしたが、今年は大阪が東京を抜いて4位にランクインしています。
G20開催に続き、2025年には大阪万博の開催も決定していることが、注目度上昇の要因の一つになっているのかもしれませんね。

2.夏休み、車で出かけた時の困りごとは?

困りごとの1位は「駐車場問題(44.8%)」という結果に。2位にはこちらも車移動の大敵「渋滞(39.8%)」がランクインしましたが、多くの人が、お出かけ時の交通渋滞だけでなく、車移動における駐車場の問題を懸念しているようです。
 

「駐車場問題」の内訳としては、「駐車料金が高い」、「駐車場が満車」、「駐車場が見つからない」といったものが含まれており、駐車場にまつわる問題が多く存在することがうかがえます。


■akippaとは

契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。2018年11月に、会員数100万人を突破しました。2019年5月には駐車場の長期間予約ができる定期利用サービスも開始しました。

https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. 【夏のおでかけに関する調査結果】車でのおでかけ、困りごとは昨年に引き続き『駐車場問題』が1位に