【国立科学博物館】科博オンライン・セミナー ~サイエンスコミュニケーション初級編~開講! ≪2021/2/1㈪応募締切≫

 国立科学博物館(館長:林 良博)は、2021(令和3)年2月15日(月)から2021(令和3)3月15日(月)までの期間、「科博オンライン・セミナー ~サイエンスコミュニケーション初級編~」を開講します。

 本講座は、「多くの人に科学への関心を持ってもらうにはどうすればいいの?」「博物館で行われているコミュニケーションってどんなもの?」など、サイエンスコミュニケーションに関心をお持ちの博物館学芸員や一般の方(大学生以上)を対象に、オンデマンド型動画でサイエンスコミュニケーションの基本を自宅で気軽に学ぶことができる講座です。
【詳細URL: http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001608251485426
  • 「科博オンライン・セミナー ~サイエンスコミュニケーション初級編~」講座概要
​【主  催】国立科学博物館
【動画配信期間】2021(令和3)年2月15日(月)~2021(令和3)年3月15日(月)
【対  象】博物館の学芸員、一般の方(大学生以上)
【方  法】オンデマンド(動画視聴)型講座 ※1
【コ マ 数】3コマ(1コマの講義60分程度)
【受講人数】 100名 ※2
【受 講 料】 5,000円 (国立科学博物館大学パートナーシップ入会校 ※3 の学生は2,500円)
【受講条件】動作性能が安定しているパソコン等の端末とインターネット環境が必要です。
​【備  考】
講座の受講に当たり、Googleアカウントが必要となります。なお、お申し込みの際には、Googleアカウントに登録したメールアドレスを可能な限りご入力下さい。社会情勢、講師の都合、自然災害等により、やむを得ず、講座を中止したり、講座内容や動画配信期間等を変更したりする可能性があります。
【応募方法】
下記URLより本講座に係る注意事項をお読みいただき、記載事項についてご承諾の上、ご応募ください。
応募は2021(令和3)年2月1日(月)締切です。
http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?id=0001608251485426 


【受講の流れ】

受講までの流れ受講までの流れ


※1 オンデマンド型講座とは、動画配信期間内であれば、受講者が受けたいときにインターネットにアクセスして何度でも講座を視聴することができる形式です。(国立科学博物館に来館して行う集合型講義、オンラインでの同時双方向型授業ではありません。)
※2 応募者多数の場合は、抽選とする場合があります。結果は、2月3日以降にメールにてご連絡します。
※3 国立科学博物館大学パートナーシップ( https://www.kahaku.go.jp/learning/university/partnership/index.php
  • 講義内容
①「サイエンスコミュニケーション事始め」
 講師:渡辺政隆 日本サイエンスコミュニケーション協会 会長

②「博物館の機能とサイエンスコミュニケーション」
 講師:小川義和 国立科学博物館 調整役

③「地域における科学コミュニケーション活動の拠点づくり」
 講師:代島慶一 静岡科学館 企画担当・主査

 

国立科学博物館国立科学博物館


国立科学博物館ウェブサイト:https://www.kahaku.go.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/museum_kahaku
公式Facebook:https://twitter.com/museum_kahaku
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立科学博物館】科博オンライン・セミナー ~サイエンスコミュニケーション初級編~開講! ≪2021/2/1㈪応募締切≫