東京・町田発「新しい里山」づくりオンラインシンポジウムを開催!

里山環境の活用と広葉樹材の活用を考える

 現在策定中の「(仮称)町田市里山環境活用保全計画」の中で重要なテーマとなる里山環境の活用と広葉樹材の活用について、各地で先進的な取り組みを行っている方々を招いたオンラインシンポジウムを開催します。

 

オンラインシンポジウムのチラシオンラインシンポジウムのチラシ

▶町田市ホームページ(東京・町田発「新しい里山」づくりオンラインシンポジウム)
  https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kankyo/kankyo/midori/satoyama/satoyama.html

 東京都町田市では、「(仮称)町田市里山環境活用保全計画」を策定し、2022年3月の公表を予定しています。
 この計画は、里山環境を地域の社会基盤(グリーンインフラ)として捉え、多様な主体による連携・協働により時代に即した新たな循環サイクルを構築し、持続可能な保全につながる里山環境の活用を推進するものです。

 そこで、計画の重要なテーマとなる里山環境の活用と広葉樹材の活用について、各地で先進的な取り組みを行っている方々を招いたオンラインシンポジウムを開催します。

  • 日時

   2022年1月15日(土) 午後2時から4時まで オンライン開催

  • 内容

  ・ オープニングトーク
   『時代に即した「新しい里山」づくり』 町田市長 石阪丈一
  ・ 基調講演
   『里山環境の活用の可能性』 株式会社古川ちいきの総合研究所 代表取締役 古川大輔氏
  ・ パネルディスカッション
   『広葉樹材の活用における広域的な連携に向けて』

  • 参加方法

  ・ 申込期間 2022年1月5日(水)正午から1月13日(木)
  ・ 定員 100人(申込順)
      ・ 申込方法 町田市イベント申込システム「イベシス」で申し込み
​   <https://www.event-sys.call-center.jp/WebEntry/machida/EventApplication.aspx?event_id=220105D&event_id_sub=A

  • 関連情報

   東京都町田市について人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。

▼町田市ホームページ
https://www.city.machida.tokyo.jp/index.html
▼WEBサイト「まちだで好きを続ける」
https://keeponloving-machida.com/
▼まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
Twitter https://twitter.com/machida_cp
Instagram https://www.instagram.com/machida_cp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 町田市役所 >
  3. 東京・町田発「新しい里山」づくりオンラインシンポジウムを開催!