新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援「ひとり親家庭応援ボックス」支援開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

5月23日(土)午前10:00より申請受付開始

 

子ども支援専門の国際NGO である公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎/専務理事・事務局長:三好集、本部:東京都千代田区)は、一斉休校要請期間中に実施した緊急子どもアンケートの結果などをふまえ、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い収入が減少したひとり親家庭を対象に、子どもたちの食の状況改善や遊びの機会確保を目的とした「ひとり親家庭応援ボックス」(食料品や遊具の提供)の支援を開始します。
報道機関の皆さまにおかれましては、より多くの家庭に本支援を利用いただけるよう、ぜひご周知へのご協力をお願いいたします。

 

<新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援「ひとり親家庭応援ボックス」>
5月23日(土)10:00より申請受付開始 
https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3260

【対象者】東京都23区に居住する、以下の申込条件をすべて満たすひとり親家庭(子どもの年齢が0歳~18歳まで)

【申込条件】※後日、下記を証明する書類等を確認させていただく場合があります。
  1.  新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による類似の食品提供(お米やレトルト食品など)を5月以降、利用していない世帯
  3. 児童扶養手当受給またはそれに準ずる世帯


【募集世帯数】300世帯 ※先着順で受付し、定員に達し次第締切。なお、当会の活動は個人および企業などからのご寄付で支えられており、ご支援の状況によっては、今後、募集世帯数をさらに増やす可能性があります。

【支援内容】1世帯あたり1ボックスの支援(遊具の提供は、希望する100世帯限定)。
【申請受付期間】2020年5月23日(土)午前10:00~5月27日(水)午前10:00
【申請から発送までの流れ】
セーブ・ザ・チルドレンが申込内容を確認し、申込があった全員に申込結果をメールで通知。申請期間中、定員に達するまでに申し込みがあり、かつ対象者に当てはまる世帯に、5月末に当該ボックスを発送します。※本企画は、NPO法人キッズドア、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむから助言を受け実施。

【お問い合わせ先】

公益社団法人セーブザ・チルドレン・ジャパン 国内事業部「ひとり親家庭応援ボックス」担当
E-mail:japan.soap@savethechildren.org ※職員在宅勤務に伴い、問合わせはメールの利用をお願いしています。

■セーブ・ザ・チルドレン 新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援  https://bit.ly/2JJianb

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. 新型コロナウイルス感染症 緊急子ども支援「ひとり親家庭応援ボックス」支援開始 国際NGOセーブ・ザ・チルドレン