コロナ禍での有休取得推進を兼ね、有休日の経験を社内共有する『新経験補助』、ボランティア体験を社内共有する『ボランティア補助』を福利厚生として、ベビカム株式会社が運用開始。

妊婦・ママたちを支援する「ベビカム」を運営するベビカム株式会社の、社員に向けての新しい取り組み

日本最大級の育児サイト「ベビカム」や毎日のオンラインライブ「Mama Tea Break」を運営するベビカム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安西 正育、以下「当社」)では、新型コロナウイルス感染症拡大対策として、3月より全社的に在宅勤務体制を取って業務を行なっておりますが、その中での有休取得推進を兼ねた2つの福利厚生の補助を追加し、2020年11月より運用開始しました。


◾️実施概要
以下が新たに運用を開始した、有休取得推進を兼ねた2つの補助に関する内容と、社員に対してのメッセージです。

(1)『新経験補助』
有休を使って新しい体験をして、その体験を社内で共有することに対して、1日3,000円の補助をします
ーーーーーーーーーーーーーーー
世の中の環境が大きく変わっている中で、ベビカム社の目指す「家族の笑顔を実現する」に向かうには、固定の考えだけではなく、新しいアイデアが必要となってきます。そのアイデアのヒントは、さまざまなところにある可能性があります。自分にとっての新しい体験を通して感じたことを他の社員に共有することで、 いつか何かに役立つかも知れません。そのようなことから、 新経験の共有を応援するために補助をします。事前に申請しさえすれば、その体験の内容自体は、直接仕事に結びつくものである必要もなく、制限はありません。「話題の映画をみた」でも、「ピラティスやってみた」でも、「人気のフランス料理店でランチした」でも、普段体験しないことであればOKです。たった1つの条件は、 その体験で感じたことや気づいたことを体験記としてみんなに共有してもらうことです。 
ーーーーーーーーーーーーーーー

(2)『ボランティア補助』
有休を使ってボランティア活動をして、その体験を社内で共有することに対して、1日5,000円の補助をします
ーーーーーーーーーーーーーーー
コロナ禍で、世の中に発生しているさまざまな影響に対しての「問題解決」や「 困っている人たちへの支援」を積極的に考えてもらう目的でもあります。 またボランティアをすることで、 多くの気づきもあるでしょう。 
こちらも、事前に どのようなボランティア活動をするかを申請した上で、 その体験で感じたことや気づいたことを体験記としてみんなに共有してもらうことだけが条件です。 
ーーーーーーーーーーーーーーー


 
◾️ベビカム社での社員の反応など
ベビカム株式会社では、社員には子育て中の親も多いため、現在は、在宅勤務かつフレックス制を導入しています。
また、これまで、ユニークな特別休暇の制度として、

「子どもの誕生日休暇」
「本人の誕生日休暇」
「入社3年目のリフレッシュ休暇5日」
「入社5年目のリフレッシュ休暇10日」

などの休暇の制度はありましたが、有休取得推進のための制度はありませんでした。

今回は、コロナ禍での在宅勤務において、社員が有休を有効に使えるように、2つの新たな補助を追加いたしました。
この導入に対して、有休を使って「やりたいと思っていた資格取得に挑戦したい」「好きなアーティストのライブを見たい」「親がいない子どもを抱っこするボランティアをやってみたい」などといった、さまざまな具体的なアイデアが、全社員から出てきていますので、有休取得が進むことが期待できます。

今後も、世の中の状況に応じて、できる限り社員が働きやすくなるように、必要に応じて新たな対応を考えてまいります。



===============

【サイト情報】
ベビカム( https://www.babycome.ne.jp 
1998年開設。 日本最大級の妊活、 妊娠・出産、 育児の総合情報サイト。 コミュニティやブログサービスのほか、 専門家監修による大百科的コンテンツや、 膨大な体験談、 相談室をはじめ、 ユーザーのニーズに合った生活情報、 商品情報を提供。 妊娠・育児分野を中心とした大手企業ともコラボしてサイト内で情報発信や、 セミナー・イベント等も行う。 また、 ベビカムでのリサーチの活動は、 キッズデザイン賞 審査委員長特別賞・社会貢献メディア賞を受賞している。 

【会社概要】
ベビカム株式会社(2016年2月20日に、 株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。 年間延べ1000万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、 子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。 また、 本田技研工業のコミュニティ企画・運営をはじめ、 数多くの企業に向けて、 コミュニティの企画コンサルティング、 制作、 マーケティング、 運営サービス等も提供する。 

会社名: ベビカム株式会社
設立:1996年2月20日
資本金:8000万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SF IIIビル 8階
ホームページ: https://company.babycome.jp 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベビカム株式会社  >
  3. コロナ禍での有休取得推進を兼ね、有休日の経験を社内共有する『新経験補助』、ボランティア体験を社内共有する『ボランティア補助』を福利厚生として、ベビカム株式会社が運用開始。