「河出新書」2018年11月刊行スタート 60年の時を超え、教養新書レーベルを再始動 11月発売は2点『アメリカ』橋爪大三郎+大澤真幸、『考える日本史』本郷和人

誰もが認める実力派から、これからを担う新進気鋭まで、話題性に富んだ著者陣によるラインナップ

株式会社 河出書房新社(東京都渋谷区/代表取締役社長 小野寺優)は、2018年11月より教養新書レーベル「河出新書」の刊行をスタートいたします。
かつて、「河出新書」というレーベルは存在しておりました。1950年代のことです。53年4月の創刊以降、吉田精一編『青春の書簡』、瀬沼茂樹編『若き日の読書』、矢内原伊作『若き女性への手紙』、三島由紀夫『文学的人生論』、伊藤整『小説の認識』、手塚富雄『西欧のこころをたずねて』、戸板康二『劇場の青春』など、錚々たる執筆陣によって数多くの名著が生み出されました。学術・教養から小説・エッセイまで、刊行ジャンルも多岐にわたりましたが、1959年12月の火野葦平編『九州歴史散歩』が最後の刊行となっておりました。
 
それから60年の時を経て、2018年11月、新たな教養新書レーベルとして、河出新書は再始動いたします。ハンディでありながらも、現在そして未来を生きる私たちを照らし、ジャンルの境界を超えた、より自由な読書を創造する良書の刊行に邁進してまいります。誰もが認める実力派から、これからを担う新進気鋭まで、話題性に富んだ著者陣によるラインナップに、ぜひご注目くださいますようお願いいたします。

【河出新書】概要
体裁 : 新書版(172mm×106mm)・ソフトカバー
本体価格 : 780円~980円(予価)
刊行開始日 : 2018年11月20日予定
配本 : 刊行月下旬(不定期刊行)
装丁 : カバーデザイン=木庭貴信
           ロゴマーク=tupera tupera(描き下ろし)


 


 



今後のラインナップ
2018年11月 
橋爪大三郎+大澤真幸 『アメリカ』
本郷和人 『考える日本史』
2019年1月
片山杜秀 『歴史という教養(仮)』
3月
苫野一徳 『学校を本気で変える方法(仮)』
4月
永井義男 『東海道五十三次 江戸の性事情(仮)』
 5月
山﨑雅人 『私たちは何次元にいるのか?(仮)』




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 「河出新書」2018年11月刊行スタート 60年の時を超え、教養新書レーベルを再始動 11月発売は2点『アメリカ』橋爪大三郎+大澤真幸、『考える日本史』本郷和人