クラウド型コンタクトセンターAmazon Connect向け リアルタイム認識の「音声認識API」、提供開始

初期費用0円。スピーディー・低コストで音声認識機能の実装が可能

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWS)のクラウド型コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」向けに、音声認識API「AmiVoice TextStream for Amazon Connect(アミボイス テキストストリーム フォー アマゾンコネクト)」の提供を開始いたします。スピーディーかつ低コストに音声認識機能を実装いただけます。
Amazon Connectは、電話や顧客対応管理等の機能をクラウドで提供するコンタクトセンターサービスです。高額な機材の設置が必要ない為、小規模な席数でも導入可能で、コンタクトセンター構築の時間やコストを大幅に削減する事ができます。

この度、Amazon Connectのユーザー向けに、AI音声認識技術AmiVoiceで、リアルタイムに通話をテキスト化できる音声認識API「AmiVoice TextStream for Amazon Connect」の提供を開始いたします。初期費用0円、0.08円/秒(税抜)の従量課金制で、毎月180分まで無料でご利用いただけます。

サービス構成イメージサービス構成イメージ

コンタクトセンター業界に特化した音声認識エンジンを採用している為、専門用語・業界用語も高精度に認識します。「コンタクトセンター_汎用エンジン」と、各種業界に特化した5種類のコンタクトセンター向けエンジンの中から、追加料金なく1種をお選びいただけます。また、単語登録機能で固有名詞等のテキスト化も可能です。

Amazon Connect上の通話音声をリアルタイムでテキスト化し、テキストをAmazon Kinesis Data Streamsへストリーミング配信します。Amazon Kinesis Data Streamsはストリーミングデータの効率的な処理に適したサービスで、インサイト・関係性の検出や翻訳等、AWS上の各種AIサービスやSalesforce等の外部クラウドサービスと連携するアプリケーションを容易に開発する事ができます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の施策や働き方改革の一環として、在宅勤務化をはじめコンタクトセンター業務は多様化しています。そのような背景の中、業務の可視化や管理が重点課題となっており、音声認識技術の果たす役割やニーズがより一層高まっています。

「AmiVoice TextStream for Amazon Connect」は、従量課金のシンプルな料金体系である為、個別投資や固定費を抑え、小規模スタートや席数拡大等、多種多様な音声認識導入のニーズにお応えする事が可能です。

今後もアドバンスト・メディアでは、AI音声認識によりお客様が柔軟にコンタクトセンターを運用できるよう、Amazon Connectとの連携を推進し、サポートに努めてまいります。

※アマゾン ウェブ サービス、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、AWS、Amazon Connect 、Amazon Kinesics Data Streams は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

以上

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア CTI事業部
MAIL : info@advanced-media.co.jp
TEL:03-5958-1091
FAX:03-5958-1033
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドバンスト・メディア >
  3. クラウド型コンタクトセンターAmazon Connect向け リアルタイム認識の「音声認識API」、提供開始